氣志團・綾小路翔に、峯岸みなみ「めんどくさい大人!」

写真拡大

 ロックバンド氣志團のボーカル綾小路翔が4日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ)に出演。そのあまりに熱いバンドと音楽への思いに、峯岸みなみから「めんどくさい」と言われてしまう場面があった。

 番組では氣志團の結成20周年を労をねぎらいながら、バンドメンバーへインタビューを元にして、綾小路の裏の顔を暴露。次々とテレビでは垣間見れない綾小路の意外な素顔に一同が爆笑している中、話題はいつしかメンバー間の確執の話へ。

 デビュー5年目の頃、綾小路が『一世風靡セピア』を模倣した企画をやりたいと言った際、メンバー全員に反対されてしまったのだという。そこでメンバーから信用がないのだと感じた綾小路は、「世間の人が楽しんでいるのを(メンバーが)見たら(自分のことを)信じてくれるのかな」と考え、その結果生まれたのがDJ OZMAだと衝撃的な告白をした。

 その後も次々と結果を出している綾小路だが、メンバーはそんな彼を「迷走している」とVTRで厳しいコメント。綾小路はこれに対し「メンバーのことが大好き」と語りながらも「これ以上理解してくれないなら解散も辞さない」と強気の発言まで飛び出した。

 坂上忍が「メンバーは(綾小路のことを)理解してる」となぐさめたものの、綾小路は「(メンバーは俺の価値を)失わなきゃわかんない!」と絶叫。この、まるで恋愛中の男女の駆け引きのような発言に、峯岸から「めんどくさい大人ー。めんどくさいー!」と呆れられる顛末となった。