勝村政信、皆藤愛子のリアクションに怒りを抑えて「ありがとう」

写真拡大

勝村政信と皆藤愛子がMCを務めるテレビ東京のサッカー番組『FOOT×BRAIN』(毎週日曜11:00〜)。8月6日の放送は、日本アンガーマネジメント協会代理理事の安藤俊介をゲストに招き、番組アナリストの藤田俊哉、秋田豊と共に「怒りに支配されない感情のコントロール法」について語り合う。

アンガーマネジメントとは、1970年代にアメリカで誕生したと言われる、怒りの感情と上手に付き合うための心理トレーニング。当初は罪を犯した人のためのプログラム的な側面が強かったが、現在では、企業研修や青少年の教育、アスリートのメンタルトレーニングなど広く活用されている。

今回、怒りのコントロールがテーマということで、いつも以上にキレる勝村のトークで収録はスタート。藤田も「気持ちをコントロールしながら90分間戦うのは非常に重要」と語り、藤田と秋田は現役時代を振り返りながら、プレー中に見せた“怒り”に言及。それぞれが意外な一面を明かし、秋田は「すいません!」と、ある世界的プレーヤーとのマッチアップでやってしまった出来事を告白する。

そして番組では、自分の特徴を知るための“タイプ診断”を実施。それぞれの出演者がどんなことにこだわりを持ち、何に対して怒りやすいのかが明らかになっていく。また、元フランス代表のジダンがドイツワールドカップ決勝で頭突きをして一発退場したシーンなどを例に挙げ、「トッププレーヤーでさえも感情をコントロールできないとああいった行為に及んでしまうことがある」と言って、そういった事態を回避するためのトレーニング方法を公開。様々な理由で人々が怒りを覚える理由や、怒りに身を任せないための簡単なルール(=対処法)について言及する。

また、先人の言葉からテーマに沿った金言を提唱するコーナー「GOAL!!DEN WORD」では、「恐怖は怒りに導き、怒りは憎しみに導き、憎しみは苦しみに導く」という言葉を紹介。それに対する皆藤のリアクションに対して、勝村が「今日は全てを持っていきましたね。ありがとうございます」と言って、ここでは怒りを抑える見事なアンガーマネジメントを披露する。