ハンガリーの首都ブダペストは、西洋と東洋の魅力が混在する美しい都市。街を南北に流れるドナウ川を挟んでブダ地区とペスト地区に分かれており、異なる雰囲気を持ち合わせています。

ブダ王宮やマーチャーシュ聖堂などの有名観光地を見学した後は、隠れた観光名所のユダヤ教シナゴーグを訪ねてみましょう。ペスト地区で最も賑わうエリアのデアーク・フェレンツ広場から徒歩で10分ほどに位置するドハーニ街シナゴーグは、ヨーロッパ最大規模のユダヤ教シナゴーグです。

ドハーニ街にはかつてユダヤ人移住地があり、現在も多くのユダヤ系住民が暮らしています。周辺を歩いていると、ユダヤ教独特の服装やキッパーと呼ばれる小さな帽子を身に着けている人の姿も見かけ、異国情緒が漂っています。1859年に建てられたシナゴーグは、ピンクの横縞の建物に玉ねぎ型のドームがある二本の塔が目印です。近代化した周囲のエリアと異なる独特の空気感を醸し出しています。ドハーニ街シナゴーグは観光客を積極的に受け入れており、旅行者でも入りやすい雰囲気。
シナゴーグへ入場するには、空港ようなセキュリティーゲートを通り、手荷物検査を受ける必要があります。

また観光客でも男性はキッパーを着用する必要があり、紙で出来た簡易キッパーが貸し出されていました。礼拝堂に一歩足を踏み入れると、あまりに素晴らしさに圧倒されることでしょう。
エルサレム、ニューヨークに続いて世界三番目の規模なだけあり、礼拝堂には2階3階まで席が設けられています。3階まで吹き抜けの内部とアーチ型の柱が、独特の構造です。
興味深いポイントは、天井、シャンデリア、ステンドグラス、壁などを目を凝らして見ると、沢山の星をモチーフとした柄があること。ユダヤ教は偶像崇拝を禁止しており、シナゴーグの内部には幾何学的な模様やダビデの星のモチーフが至る所に描かれているのです。

所々で見かけるユダヤ民族独特のヘブライ文字にも注目してみて下さい。建物に併設するユダヤ民族に関する展示室では、ユダヤ人の歴史や文化、芸術に関する展示を見る事ができます。

特にヘブライ文字の古書は読む事は出来なくても、アートのような美しさもあり楽しく見学することができます。シナゴーグ見学の最後に見ておきたいのは、中庭に飾られている柳の木がモチーフのモニュメント。

しなやかな柳の木が金属のパーツで表現されており、そこにホロコーストで犠牲になった人々の名が刻まれています。見るものに何かを訴えかけてくるような力強い作品です。ぜひブダペストを訪れた際には、日本ではあまり出会う事がない神秘的なユダヤ文化に触れてみませんか?

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

名前 ドハーニ街シナゴーグ(Dohány utcai Zsinagóga)
住所 Budapest, Dohány u. 2, 1074, Hungary
アクセス 地下鉄2号線Astoria駅から徒歩すぐ
営業時間  冬季:10時~16時(金曜日14時まで)、春季:10時~18時(金曜日16時まで)、夏季:10時~20時(金曜日16時まで)、秋季:10時~18時(金曜日16時まで)
定休日 土曜日、ユダヤ教の祝日
公式サイト http://www.jewishtourhungary.com/en/
料金 大人4000Ft、学生3000Ft、子供1200Ft