【詳細】映画『ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー2 前編・後編』特報はこちら

ナオト・インティライミが、8月4日、横浜・赤レンガパークにて開催された『ZIP!夏まつり2017』に出演。約1万1,000人の観客を前に全5曲を披露した。

7月10日に開催された『ナオトの日スペシャルLIVE 2017』以降、久々となったこの日のライブは「Wonderful!」で幕明け。音楽が鳴り始まると観客は総立ちになり、手拍子が鳴り響いた。1曲目を歌い終えたナオトが「みんな調子どう! インティが“太陽”、ライミが“祭り”、日出ずる国のお祭り男! ナオト・インティライミです!」とおなじみの挨拶をすると、超満員の観客たちは大熱狂の歓声をあげた。

約半年間、世界を回ってきた経験から「J-POPのすごさに改めて気づいたと」言うナオトが、続いて歌ったのが「いつかきっと」「今のキミを忘れない」の2曲。

しっとりと歌い上げたあと、自身の半年間の旅に密着したドキュメンタリー映画『ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー2』についてトーク。すると、港に停泊中の大型豪華客船から出航の汽笛が鳴り響くというハプニングが! それに対しナオトが手を振って呼びかけると、乗客も手を振り返し、会場来場者と乗客が一体になり盛り上がった。

「Hare-Hare Parade」では、観客席からも掛け声が上がり、会場は一気にヒートアップ。最後の曲「カーニバる?」では、日本テレビの桝太一アナウンサーと『ZIP!』のMCを務める川島海荷も登場。サイン入りのボールを観客にプレゼントした。

そして、ナオトは曲の最後に、桝アナウンサーと共に“フライングZIP!ポーズ”を披露。放送開始から7年間続く『ZIP!』でも初めてとなる、ジャンプしながらのZIP!ポーズは見事に大成功となった。

そして、ナオトの歌がすべて歌い上げられると、それまで曇っていた赤レンガパークに太陽の光が! まさしく太陽を呼び寄せた、ナオト・インティライミの真夏の暑いステージは、大盛況のうちに幕を閉じた。

なお、ライブ中、ナオトは11月23日から前編、2018年1月5日から後編が公開される『ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー2』についても熱くアピール。前売券の発売情報も発表し、「おしゃれな写真を使ったムビチケが、9月2日から発売になるからよかったら買って、劇場で観てください」と呼びかけると、観客席からは大きな歓声が沸き起こった。

ナオト・インティライミ コメント

今回のこのライブは自分だけのライブではないので、僕のことを初めて知るというお客さんもいて、そんな方々も一緒に楽しんでくれるということが本当にうれしいです。

僕は今年の頭からこの約半年間、19ヵ国を旅してきました。だからこんな野外の大規模なライブは久しぶりで、こんなに正式なバンドメンバーとライブのステージに立ったのも2017年に入ってから初めてです。

今回の旅ではアフリカなどをたくさん回ってきましたが、熱い音楽がたくさんあって心が動きました。そうやっていろんなものを吸収していくうちに、改めてJ-POPのメロディや繊細さなど、そのすごさに気づいた。

半年間のノープランの旅についてきたいと言ってくれたスタッフの皆さんが回してくれたカメラに1,000時間以上、データにすると80TB、DVDにすると1万枚にも及ぶ映像が残されていて、それが映画として、今年の11月23日と来年の1月5日に2部作で公開されます。本来、自分の音楽を見つけ直すために出た旅ですが、その先々で出会った人々と、ただただ一緒に歌わせてもらえて、ただただ一緒に喜んでもらったことを、みんなにも届けたくて! ぜひ映画化になるので劇場で観てください!



映画情報



『ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー2』

前編 2017年11月23日(木・祝)

後編 2018年1月5日(金)

TOHOシネマズ 新宿ほか全国ロードショー

出演:ナオト・インティライミ

監督:加藤 肇

(C)2017「ナオト・インティライミ冒険記2」製作委員会

ライブ情報



ナオト・インティライミ LIVEキャラバン2017『旅歌ダイアリー』

11/08(水)東京・Zepp DiverCity(TOKYO)

11/14(火)北海道・Zepp Sapporo

11/21(火)東京・Zepp Tokyo

12/05(火)愛知・Zepp Nagoya

12/21(木)大阪・Zepp Osaka Bayside

『ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー2』公式サイト

http://naoto-tabiuta2.com/

ナオト・インティライミ OFFICIAL WEBSITE

http://www.nananaoto.com/