8月4日に行われた横浜DeNA対広島15回戦で、広島の菊池涼介内野手(27)が持ち味である驚異的な守備範囲を披露した。

 4回2アウト2塁の場面で、横浜DeNAの石田が投手ながら粘りの打撃を見せると、カウント2-2から放った痛烈なゴロは、投手の脇を抜けて二遊間へ。センターへのタイムリーかと思われたが、菊地が二塁ベースのはるか後方で、逆シングルでキャッチすると、そのままジャンピングスロー。結果は内野安打となったが、日本のプロ野球最高峰の守備を見せつけた。

 投手ながら野手顔負けの打撃を見せた石田、超プロレベルの守備を見せた菊地に、中継していたAbemaTV(アベマTV)のファンたちも大興奮。コメント欄でも、横浜DeNAファンが多い中「やっぱり菊地はすごい!」と驚きの声が多数あがっていた。

(C)AbemaTV

▶DeNAの主催試合の放送はこちらから

▶DeNAの過去の名シーンはこちらから