製品やサービスには目的がありますが、ときどき本来とは違う用途で役立つことがあります。

「意図された機能とは別の目的で役立っている製品はある?」をテーマに、海外掲示板が盛り上がっていました。

回答をご覧ください。

 

What product has a better use than its intended function?

●Bluetoothスピーカー。最初は音楽を聴くつもりで買ったんだが、予想以上に小さいことを知ってからは、職場で最高のイタズラグッズになった。
・同僚のデスクの電話の着信音を録音する。彼らの電話の後ろにスピーカーを置く、そして着信音を鳴らす。
・電子ブーブークッション。
・人が通る場所に目立たないように隠す。幽霊を信じている人が歩いてきたら、ひそひそ声で「ねぇ○○さん、こっちを見て…」とセリフを流す!
・ドアを閉めっぱなしにしている人がいたら、そのドアに近いところに隠す。そしてノック音を流す。
・小さなオフィスに隠して、ランダムにいろんな効果音を流す。

●スマホは電話として使うより、掲示板を見るのに最も適している。

●バイアグラは高血圧を治療するための薬だった。

↑花瓶に入れると花だって長持ち。

●真空管アンプ。もともと音をゆがめるためのものではない。

●劇的に汚れが落ちることで知られる、メラミンスポンジ。
もともとはパイプの断熱や防音に使われていたが、表面を魔法のようにきれいにすることが後から判明した。

●パイプクリーナーはタバコのパイプを掃除するためのものだが、今では多くの工芸品に利用されている。

●新聞は本当に窓の掃除に役立つんだ。

↑あるいは子どもを叩くとかね。

●アルミホイル。もともとロケットを作るものだが、食べ物を巻くのにも使われるようになった。

●テニスボール。動物を何日も楽しませるし、マッサージのツールとしても使えるし、イスが床を傷付けるのを防止するのにも使える!

●自分は標準のブラウザを、FirefoxやChromeをダウンロードするためのツールとして使っている。

●爪切りをかばんに忍ばせている。いろんなものを切れるからだ。小さなプラスチックのタグから毛糸まで。飛行機で編み物をしたいときにハサミを持ち込ませてくれない。

●インターネット。最近ポルノ以外にも使えることがわかってきた。

●バービー人形の足。足を石膏ギブスで固定しているときに、かゆいところをかくのに適している。足のカーブが完璧である。

●目出し帽。スキーに使うより、泥棒に使われている。

●歯ブラシは自転車や車の掃除に便利。

↑バスルームやキッチンの掃除にもね。

●リステリンは当初、手術時の消毒薬として使われていた。今はマウスウォッシュ。


想定していた使い方だけでなく、第2、第3の用途がある物のほうが市場には残りやすいのかもしれませんね。

【「意図とは違うけど役立っている製品は…どんなものがある?」回答いろいろ】を全て見る