19歳の高橋悠介がチャレンジャー大会で3度目の8強入り [成都チャレンジャー]

写真拡大

 ATPツアー下部大会の「国際チャレンジャー成都」(中国・四川省成都/7月31日〜8月6日/賞金総額12.5万ドル/ハードコート)のシングルス準々決勝で、19歳の高橋悠介(三菱電機)はワイルドカード(主催者推薦枠)のウー・イービン(中国)に3-6 1-6で敗れ、チャレンジャー大会で初の4強入りはならなかった。試合時間は1時間9分。

 今大会の内山は、1回戦でアレクサンドル・クドリャフツェフ(ロシア)を6-4 6-2で、2回戦では第7シードの守屋宏紀(北日本物産)を6-3 7-5で破って勝ち上がっていた。

 そのほかの日本勢は、仁木拓人(三菱電機)、関口周一(Team REC)、吉備雄也(ノア・インドアステージ)、竹内研人(北日本物産)がシングルスに出場していたが、いずれも初戦敗退に終わっていた。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者

◇   ◇   ◇

日本人選手の結果

【シングルス準々決勝】

●13高橋悠介(三菱電機)3-6 1-6 ○12ウー・イービン(中国)[WC]

------------

【シングルス2回戦】

●16守屋宏紀(北日本物産)[7] 3-6 5-7 ○13高橋悠介(三菱電機)

------------

【シングルス1回戦】

○16守屋宏紀(北日本物産)[7] 6-4 6-2 ●15竹内研人(北日本物産)[Q]

○13高橋悠介(三菱電機)6-4 6-2 ●14アレクサンドル・クドリャフツェフ(ロシア)

●11仁木拓人(三菱電機)3-6 4-6 ○12ウー・イービン(中国)[WC]

●22関口周一(Team REC)6-4 3-6 5-7 ○21チュン・ユンソン(韓国)[Q]

●23吉備雄也(ノア・インドアステージ)3-6 3-6 ○24ニコラ・ミロジェビッチ(セルビア)[4]

------------------------

【ダブルス準々決勝】

●11松井俊英/ニコラ・ミロジェビッチ(ASIA PARTNERSHIP FUND/セルビア)5-7 5-7 ○10キム・チョンウィ/クォン・スンウー(韓国)

●14吉備雄也/関口周一(ノア・インドアステージ/Team REC)5-7 6-7(1) ○16N.スリラム・バラジ/ビシュヌ・バルドゥハン(インド)[2]

------------

【ダブルス1回戦】

○11松井俊英/ニコラ・ミロジェビッチ(ASIA PARTNERSHIP FUND/セルビア)6-4 3-6 [10-6] ●12チェン・ティ/イ・チュハン(台湾)[3]

●3仁木拓人/SUN,Fajing(三菱電機/中国)6-7(3) 6-3 [4-10] ○4ウー・ディ/ジャン・ジージェン(中国)

●15高橋悠介/竹内研人(三菱電機/北日本物産)2-6 3-6 ○16N.スリラム・バラジ/ビシュヌ・バルドゥハン(インド)[2]

○14吉備雄也/関口周一(ノア・インドアステージ/Team REC)6-3 6-1 ●13サム・バリー/マリオ・ビレラ マルチネス(アイルランド/スペイン)

------------------------

【シングルス予選決勝】

○16竹内研人(北日本物産)[5] 6-2 6-4 ●9サシ クマール・ムクンド(インド)[2]

------------

【シングルス予選2回戦】

○16竹内研人(北日本物産)[5] 6-1 6-1 ●13シェイ・チェン ペン(台湾)

●29松井俊英(ASIA PARTNERSHIP FUND)5-7 3-6 ○32ヘー・イェコン(中国)[8]

------------

【シングルス予選1回戦】

16竹内研人(北日本物産)[5] Bye

29松井俊英(ASIA PARTNERSHIP FUND)Bye

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真はATPツアー下部大会の「国際チャレンジャー成都」(中国・成都)で8強入りを果たした19歳の高橋悠介(昨年の全日本選手権でのもの)