右腕骨折の韓国代表FWソン・フンミンが合流 エース復帰にファン歓喜「事実上の新戦力」

写真拡大

6月の代表戦で全治3カ月も予想以上に早い回復で練習に参加 クラブが笑顔の写真掲載

 トットナムの韓国代表FWソン・フンミンは今年6月の代表戦で右腕骨折の重傷を負い、全治3ヶ月と報じられていた。

 しかし、予想以上に早い回復を見せてチーム練習に復帰し、ファンも歓喜している。英紙「ロンドンイブニング・スタンダード」が報じた。

 ソン・フンミンは6月13日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の敵地カタール戦で負傷。そこからチームを離脱していたが、トットナムはクラブ公式ツイッターで、練習に参加して笑顔を浮かべるソン・フンミンの写真を掲載した。

 クラブによれば接触プレーが含まれる練習への参加は見送られているというが、当初の全治3カ月という診断をはるかに凌ぐ回復を見せている。クラブのツイッター宛には、ファンから多くのエールが寄せられた。

「ソンが戻ってきてくれて嬉しい。おかえり、ソニー(ソンの愛称)」

「ソニー、あなたが恋しかったよ。できるだけ早く(ピッチに)戻ってきて」

「事実上の新戦力だ」

 昨季はリーグ戦14ゴールをはじめ、全公式戦含めて47試合21得点を決める大車輪の活躍を見せたソン・フンミン。昨季2位となった「スパーズ」の攻撃陣で中心的な役割を担う男の復帰を、ファンも待望しているようだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【写真】トットナムが公式ツイッターで公開したソン・フンミンの「カムバック」練習

https://twitter.com/SpursOfficial/status/893094333972348928

トットナムが公式ツイッターで公開したソン・フンミンの「カムバック」練習