出先でもスマホから掃除できます!「ルンバ」全機種がWi-Fiに対応

写真拡大

ロボット掃除機の代名詞ともいえるアイロボットジャッパンの「ルンバ」。家にいなくても床掃除をしてくれるのが最大の魅力です。

とはいえ、急に家に人が来ることになったときや、朝慌てていて設定してくるのを忘れたときなど、「出先からスイッチをオンにできればいいのに」と思うことがあるはず。実は、新登場の「ルンバ890」と「ルンバ690」がラインナップに加わったことで、ルンバ全機種がWi-Fiに対応するようになったんです。

■「iRobot HOME」アプリで遠隔操作が可能に

ルンバの操作には、「iRobot HOME」というアプリを使います。

このアプリを起動して「CLEAN」ボタンをタップするだけで、Wi-Fiに接続されたルンバでの清掃を開始できます。

さらに、清掃の履歴を詳細に確認することも可能。上位モデルの「ルンバ980」と「ルンバ960」であれば、ルンバ独自のマッピングシステム「vSLAM」により、本体のカメラとセンサーでフロア全体のマップを制作してくれます。

このマップを見れば、掃除できていない箇所をあとからチェックできるので、掃除の邪魔になっているイスなどをあらかじめ避けておくなどの工夫ができて便利です。

■中〜低価格帯の「ルンバ890」「ルンバ690」

今回、ラインナップに加わる「ルンバ890」と「ルンバ690」は、いずれもルンバのなかでは中〜低価格帯のモデルにあたります。ルンバ890が6万9800円(以下・税抜)、ルンバ690が4万9800円。シンプルな機能のルンバで良ければ、5万円で買えちゃうんです!

▲「ルンバ890」

▲「ルンバ690」

上位モデルの「ルンバ980」は12万5000円、「ルンバ960」は8万9870円と、“お手頃”とはいいにくいお値段だったので、ルンバデビューのハードルが一気に低くなった印象です。

▲「ルンバ960」

ルンバ890とルンバ690の違いは、掃除の性能にあります。ルンバ890は、清掃機能に「AeroForce クリーニングシステム」を採用。ハイパワーモーターユニットにより、従来モデル「ルンバ700シリーズ」に比べ、最大5倍の吸引力を実現しています。通常清掃時の稼働時間は最大60分です。

それに対し、ルンバ690は3段階クリーニングシステムを搭載するベーシックなモデル。稼働時間はルンバ890と同じく最大60分となっています。

■スマートホームの実現を目指すアイロボット

発表会には、アイロボットジャパン 代表執行役員社長 挽野元氏も登壇。

▲アイロボットジャパン 代表執行役員社長 挽野元氏

現在、ロボット掃除機のルンバと床拭き掃除器のブラーバは、世界60か国で1800万台の累計販売台数を売り上げています。日本におけるマーケットシェアも61%を誇り、2015年には国内累計出荷台数は200万台を突破しました。

今後伸びるであろうスマートホーム市場について、アイロボットは「Simple」「Automated」「personal」の3つのビジョンを掲げています。「Wi-Fi対応のアイロボット製品がより積極的にIoT市場に関与して、市場を引っ張っていけたらと思っている」と挽野氏は語りました。

▲アイロボット プロダクトマネジメント シニアダイレクター フーマン・シャヒディ氏

また、アイロボット プロダクトマネジメント シニアダイレクター フーマン・シャヒディ氏は900シリーズのルンバを「アプリを使うことで、いつでもどこでも掃除ができる」と強調。

ルンバ890とルンバ690の発売は8月下旬。4つのラインナップから好みのモデルを探して、ロボット掃除機の恩恵に与ってみませんか?

>> iRobot

 

(取材・文/今西絢美)

いまにしあやみ/エディター、ライター

いまにしあやみ/エディター、ライター

編集プロダクション「ゴーズ」所属。スマートフォンなどのデジタル製品を中心に、アプリや関連サービスに関する記事をウェブや雑誌で執筆中。趣味は食べ歩きで、食にまつわるサービスや製品のチェックがライフワーク。