宮里藍は最後の全英予選突破なるか(撮影:村上航)

写真拡大

<全英リコー女子オープン 2日目◇4日◇キングスバーンズ・ゴルフリンクス(6,697ヤード・パー72)>
海外メジャー「全英リコー女子オープン」の2日目。今季限りでの引退を表明し、今回が最後の全英となる宮里藍が、予選突破をかけて2日目のスタートを切った。

初日のラウンドをイーブンパーで終わった宮里。65位タイ以上が予選通過となるが、スタート時点でのイーブンパーは74位タイ。大会の公式サイト上では予選カットラインが1アンダーと予測されている。宮里は1番をボギー発進しており、予選を通過するためには今後2つ以上スコアを短縮するチャージが必要だ。
2日目のプレーを終えた選手の中では、ジョージア・ハル(英国)とレクシー・トンプソン(米国)がスコアを伸ばし、ともにトータル9アンダーで首位に立っている。初日トップに立ったミシェル・ウィー(米国)は、2番ホールをプレー中で初日の8アンダーをキープしている。
日本勢では17番まで終了した野村敏京が3つスコアを伸ばし4アンダーの17位タイ。16番まで終了した鈴木愛が2つスコアを伸ばし、3アンダーの24位タイに順位を上げている。川岸史果は2つスコアを伸ばし1アンダーの62位タイで競技を終了。予選突破ギリギリのラインとなっている。
初日、日本勢最高位の2アンダー33位タイにつける西山ゆかりと上原彩子は、それぞれ日本時間の午後9時00分、9時27分にスタートする。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

2日目がスタート!リーダーボードで日本勢の順位をチェック
松山英樹、WGC2勝目はなるか!?2日目のリーダーボード
宮里藍はグリーン上で苦しみ73位発進 明日は「入ってくれたら、流れは変わる」
宮里藍の父・優氏が救急搬送 藍はプロアマ棄権
プロのSNSをのぞき見!女子プロと甘〜いお菓子祭り