ついに新章が描かれる! 「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-」予告カット
 - (c)和月伸宏/集英社

写真拡大

 実写映画化もされた和月伸宏による大ヒット漫画の新章「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-」が9月4日発売の「ジャンプスクエア」10月号から連載されることが明らかになった。

 「るろうに剣心」は、1994年から1999年まで「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載され、テレビアニメ化もされた大ヒット漫画。幕末の時代に「人斬(き)り抜刀斎」の異名を取った剣客・緋村剣心が、「不殺(ころさず)」の誓いのもと流浪人となり、明治維新後の日本で過去と向き合いながら人々のために戦う姿を描く。

 連載がスタートする「北海道編」は終了から18年ぶりの新章。「武装錬金」「エンバーミング-THE ANOTHER TALE OF FRANKENSTEIN-」でも和月と組んだ作家・脚本家の黒碕薫がストーリー協力に名を連ねている。

 また「ジャンプスクエア」では、今年で創刊10周年を迎えるにあたり、9月より全国5都市で連載作家によるサイン会を開催。和月と黒碕のほか、「青の祓魔師」の加藤和恵、「血界戦線」の内藤泰弘、「プラチナエンド」の小畑健、そして「新テニスの王子様」の許斐剛など豪華執筆陣がそろう。(編集部・入倉功一)