株高でGPIF、5.1兆円の黒字

写真拡大

公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が2017年8月4日発表した4〜6月期の運用実績は、5兆1153億円の黒字だった。収益率はプラス3.54%で、4四半期連続での黒字となった。

堅調な経済指数や企業業績を背景とした世界的な株高が寄与した。

運用資産額は149.2兆円に

運用資産額は6月末時点で149兆1987億円。3月末の144兆9034億円から4兆2953億円増えた。

市場運用分の収益の内訳は、国内株式が2兆3161億円、外国株式が1兆9124億円で、それぞれ黒字だった。外国債券も8809億円の黒字だったが、国内債券は14億円の赤字となった。

保有資産の構成は6月末時点で国内債券が30.48%、国内株式が24.41%、外国債券が13.53%、外国株式が23.91%だった。