3年ぶりのチャンピオンズリーグに臨むリバプールのユルゲン・クロップ監督

写真拡大

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)への最終関門にあたるプレーオフの組み合わせ抽選会が4日に行われ、ホーム&アウェーで対戦する10カードが決まった。勝者は欧州CL本戦に進むことができ、敗者はヨーロッパリーグ(EL)に回る。

 7月に来日したセビージャ(スペイン)はバシャクシェヒル(トルコ)と対戦。昨季のプレミアリーグ4位のリバプール(イングランド)がブンデスリーガ4位のホッフェンハイム(ドイツ)と、セリエAで3位のナポリ(イタリア)がリーグ・アン3位のニース(フランス)と当たるビッグカードも組まれた。

 プレーオフ第1戦は15日と16日、第2戦は22日と23日に行われる。

組み合わせは以下のとおり

カラバフ(アゼルバイジャン) - コペンハーゲン(デンマーク)

アポエル(キプロス) - スラビア・プラハ(チェコ)

オリンピアコス(ギリシャ) - リエカ(クロアチア)

セルティック(スコットランド) - アスタナ(カザフスタン)

ハポエル・ベア・シェバ(イスラエル) - マリボル(スロベニア)

バシャクシェヒル(トルコ) - セビージャ(スペイン)

ヤングボーイズ(スイス) - CSKAモスクワ(ロシア)

ナポリ(イタリア) - ニース(フランス)

ホッフェンハイム(ドイツ) - リバプール(イングランド)

スポルティング・リスボン(ポルトガル) - ステアウア・ブカレスト(ルーマニア)


●欧州CL17-18特集