夏になると体が冷える。そんな悩みを持つ人が多いのではないでしょうか。オフィスや店、電車・バスなどは冷房がよくきいていて、夏でも常に冷気にさらされるようになりました。万病のもととなる体の冷えを防ぐためには、冷房にあたらないようにするのが一番。しかしなかなかそうもいかない、という方におすすめなのが腹巻です。冬限定のものと思いがちな腹巻ですが、実は夏の冷え対策に効果的なアイテムなのです。

夏の冷えは万病の元

夏の陽気は気分を開放的にし、大胆に肌をだしてしまうこともありますよね。うっかりそのまま、羽織るものを何も持たずに外出してしまうと、出先の冷房で体を冷やし体調を崩してしまうことがあります。夏の冷えの原因は、冷房だけのように思いがちですが、食品による冷えもあります。夏は冷えた飲み物やアイスなどが欲しくなり、体の内側からも冷やしやすい時期です。女性にとって大敵ともいえる冷えは、夏の間も十分な対策をとっておきたいものです。頭痛や生理痛に悩まされたり、夏の冷えから血行不良を起こし慢性の冷え性を招いてしまったり、あるいは免疫力が低下して病気にかかりやすくなるなど、夏の冷えは様々な症状をもたらします。

腹巻の驚きの効果とは

毎日元気に活動するためには、体の調子が良いことが前提となります。体の調子の良さはとは、つまりは内臓機能が順調であること。胃腸が元気であれば美味しく食事ができ活力がでますよね。そして内臓を調子良く保つためには、内臓を冷やさないことが肝心です。近年腹巻(腹巻でお腹を温めて皮下脂肪とサヨナラ )が見直されていますが、それは腹巻が内臓を温める効果が高いから。内臓はお腹周りに集中しているので、腹巻をつけると内臓全般を温めることができるのです。冬のイメージが強い腹巻は、夏の冷え対策にも効果的。夜寝るときだけでもよいので、腹巻をつけてみましょう。冷えから体をしっかり守ってくれ、内臓を温めることで血流が良くなり冷え性が改善、内臓機能の向上で代謝を上げる効果も期待できます。また腹巻は子宮も温めてくれるので生理痛を緩和する効果もあります。

冷え対策は体の外側・内側から

夏の冷え対策は、まずは内臓の集中するお腹周りを、腹巻で冷やさないようにするとよいでしょう。そしてお腹以外に冷えを感じやすい部分は首や足首です。ショールや靴下などを使って直接冷気にさらさないようにしましょう。それから、暑いからと冷たいものばかり食べるのではなく、体を温める効果のある生姜(生姜の働き)などを摂ったり、夏もシャワーではなく入浴したりするなど、生活習慣にも気をつけて、体の内側・外側両方から夏の冷えを予防するようにしましょう。夏の冷えを油断すると、秋冬になっても体調不良が続いてしまうこともあります。今から気をつけて対策しておきましょう。


writer:Akina