島崎遥香さん(左)と川栄李奈さん(右)(2013年撮影)

写真拡大

今や国民的アイドルに成長したAKB48グループ。卒業後は「女優」の道に進むメンバーも多いが、その活躍は明暗が分かれている。

そんななか、女優としての地位を確立しつつあるのが川栄李奈さん(22)だ。2017年8月1日から公開の人気CM「三太郎」シリーズでは織姫役に抜擢され、注目を浴びた。

ぱるる、ドラマ主演も

川栄さんは2010年に第11期生研究生オーディションに合格してAKB48に加入、2015年に卒業した。最後に出場した「第7回選抜総選挙」の順位は16位とあまり振るわず、握手会傷害事件の被害者としての印象のほうが強い人もいるかもしれない。当時の「おバカキャラ」イメージから「路線変更中」だというが、現在の女優っぷりには目を見張るものがある。

2016年にはNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」に出演、2017年に入ってからは「フランケンシュタインの恋」(日本テレビ系)、「僕たちがやりました」(関西テレビ系)と2期続けて連ドラの主要キャストを務めている。出演作が途絶えることはなく、公開を控えたドラマや映画も複数ある。

順調に女優のキャリアを積み重ねている川栄さんだが、今回「三太郎」シリーズの新CM「織姫、登場」篇に起用されたことで、女優として箔が付くのではないか。KDDIの「au」が2015年から放送する同シリーズは、「2017年上半期 銘柄別CM好感度ランキング」(CM総合研究所)で3年連続1位を獲得している。松田翔太さん、桐谷健太さん、濱田岳さん、有村架純さんなど人気役者がそろうCMへの出演を果たしたことで、今後の活躍にも期待がかかる。

それを追随する勢いを見せているのが、島崎遥香さん(23)。第9期生研究生オーディションに合格し、2014年の「第6回選抜総選挙」で自身最高の7位となり、2016年末に卒業した。当時は「塩対応キャラ」で名を馳せた島崎さんだが、演技では様々な表情を見せている。

2016年放送のドラマ「ゆとりですがなにか」(日本テレビ系)で女優として注目を集め、「警視庁 ナシゴレン課」(テレビ朝日)では主演を務めた。現在はNHK連続テレビ小説「ひよっこ」でアプレ娘を好演しているほか、ドラマ「ブランケット・キャッツ」(NHK総合)、サマージャンボ宝くじのCMにも出演中で、順調に女優業をこなしている。

当時の人気メンバーが女優としても活躍

SKE48出身の松井玲奈さん(26、2015年卒業)は、今年すでに「はらはらなのか。」「笑う招き猫」「めがみさま」と出演映画3本が公開された。いずれも公開規模はさほど大きくないが、W主演や重要な役どころを演じている。ドラマや舞台にも出演するなど、精力的に活動中だ。

宮澤佐江さん(26、2016年卒業)は、舞台を中心に活躍中だ。今年は昨年に続きミュージカル「キャロル」でヒロインを演じ、現在はミュージカル「ピーター・パン」に出演中。8月3日には、俳優の岸谷吾朗さんと寺脇康文さんが主宰する演劇ユニット「地球ゴージャス」の新作に出演することも明らかになった。

秋元才加さん(29、2013年卒業)は17年冬季ドラマ「奪い愛、冬」(テレビ朝日系)に出演したほか、マーベル映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」では劇場公開版の吹き替えを担当している。バラエティ番組でも活躍するなど、マルチな才能をみせている。

女優のイメージがあまり強くない篠田麻里子さん(31、2013年卒業)も、ドラマと映画、舞台にそれぞれ今年1本ずつ出演している。モデルとしても活躍中だ。

こうしたなか、かつて「不動のセンター」の異名をとった前田敦子さん(26、2012年卒業)は、当時の人気と比べると正直あまりパッとしない印象。それでも連ドラや映画に出演するなどコンスタントに活動を続けており、今年の秋冬には映画「散歩する侵略者」「探偵はBARにいる3」の公開も控えている。

そんな前田さんと一、二を争う人気を誇った大島優子さん(28、2014年卒業)は、今年の出演作は今のところ「東京タラレバ娘」(日本テレビ系)のみ。今年の主だった話題といえば、「Fワード」を吐き捨てた炎上騒動か。謝罪ののち、芸能活動を一時休止して海外留学する意向を明らかにしているが、期間など詳細は未定となっている。

(訂正=8月5日12時13分配信)

記事中の島崎遥香さんに関する記述について、当初「2016年の『第8回選抜総選挙』で自身最高の8位となり、同年末に卒業した。」としておりましたが、「2014年の『第6回選抜総選挙』で自身最高の7位となり、2016年末に卒業した。」に訂正いたします。