「Shizuka Kudo 20th Anniversary the Best」より

写真拡大

 昨年のSMAP騒動で、木村拓哉(44)とともにマスコミに取り上げられていた妻の工藤静香(47)が、今年に入ってからは自身が開設したInstagramで注目を集めている。さらに関係者によれば、その背景には「工藤静香本人が一部マスコミと接触し、自らのPRを依頼しているフシさえある」のだという。

「工藤はインスタで手料理を公開することが多く、これが『木村の家庭を連想させる』として、SMAPや木村のファンから反感を買っています。また、最近では7月9日の草なぎ剛(43)の誕生日に、草なぎがCM出演するバランス栄養食品『1本満足バー』が写った画像を掲載し、当初はSMAPファンの間で『暗に草なぎをお祝いしてくれているのでは?』と株を上げていたのですが、こうした騒ぎを聞きつけたのか、工藤は後日『人の誕生日まで覚えてられないよ。本当に参るね』『確信犯? 訳わからないよ。何か一ミリでも私に得があるの? 不思議』などとコメント。その結果、SMAPファンのさらなるヒンシュクを買ってしまいました」(芸能プロ関係者)

■工藤静香、マスコミにも熱烈アプローチ?

 こうした批判的な話題を連発している一方で、手料理を褒めるような内容の記事が出るなど、とにかくニュースになる機会が増えている。その理由は、工藤がマスコミに働きかけているからだというのだ。

「工藤は、芸能メディアの記者や編集者とパイプを作り、記事内容に“協力”しているんです。といっても、工藤が提供する情報は夫や子どものことではなく、あくまで『自分が良い母』と思われるような内容ばかりで、メディア関係者からは『結局自分にスポットライトを当てたいだけか』と失笑を買っています」(スポーツ紙記者)

 工藤が今年から急にこのような動きをみせてきたのは、昨年までSMAPのチーフマネジャーを務めていた飯島三智氏(59)がいなくなったからだそう。

「以前なら飯島氏が目を光らせ、工藤でさえも勝手な行動をさせないようストップをかけていた。ところが飯島氏は退社し、SMAPも解散したとあって、抑止力も消えてしまった。ジャニーズ側のメリー喜多川副社長(90)も工藤と親密なため、誰も注意ができない状況なんです」(前出・関係者)

 工藤はマスコミまで巻き込み、批判をも恐れぬ“暴走”を続けるのだろうか。

文・橘カイト(たちばな・かいと)※1979年島根県生まれ。編集プロダクションを経て、フリーに。週刊誌などで芸能関係の記事を執筆。また、民俗学などにも精通し、日本のタブーにも数多く取材。主な著書に『真相!禁忌都市伝説』(ミリオン出版)ほか多数。