デヴィ夫人、斉藤由貴の不倫報道&釈明会見にコメント「写真が証明してしまっているので」

写真拡大 (全10枚)

 タレントのデヴィ夫人が4日、都内にて開催された「AGEST 新商品発表会およびMrs.AGEST 2017」に出演。50代医師との「手つなぎデート」を報じられ3日に会見を開催した女優の斉藤由貴の一連の騒動についてコメントした。

 「最近、写真を撮られて、昨日、会見された方がいますが」と話題を振られると、デヴィ夫人は、「あの方はなかなか正直なのではないですか。人を愛することとか、好きになることはいいことだと思います」とするも、「やはり、立場上、困る方はいますよね」とコメント。既婚者同士で手を繋ぐことについては、「ない、ない、ないですね」とバッサリ。「人妻と人の夫が2人で映画を見に行くということもちょっとおかしいし、階段だけではなくて、1回は黒い帽子だったし、もう1回は白い帽子でしたかね」といい、「別に危なっかしいから手を添えたということではないと思いますけどね。それはもう写真が証明してしまっているので」と私見を口にした。

 週に4回会っていたなどと報じられた斉藤は、会見では不倫関係を否定するも、あいまいなコメントをする一幕もあった。デヴィ夫人は、「非常識な答えをしなければならない」などと斉藤を擁護するともとれるコメントもしていた。

 「Mrs.AGEST 2017」は、エイジングケアの習慣を日々続ける40代から50代のミセス4746人の中から「日本一美しい夫人」を決定するコンテスト。デヴィ夫人が審査委員長を務め、津村智子さん(49歳)がグランプリに選出された。