英メディアがプレミア「胸スポンサー料ランキング」発表 首位と最下位の差は31倍

写真拡大

昨季のトップ6クラブが上位を占有、シティとトットナムが同額で3位タイ

 サッカークラブにとって大きな収入源の一つとなっているのが、企業からのスポンサー料だ。

 メインスポンサーともなれば、その金額は年間数十億円にものぼる。英ラジオ「talkSPORT」はプレミアリーグ20クラブのユニホーム胸スポンサー料をランキング形式で紹介しており、一番下と一番上のクラブでは30倍以上の大きな差がついていることが分かった。

 上位を占めたのは昨季のトップ6クラブ。リバプールとアーセナルが3000万ポンド(約43億円)で5位タイに入っている。リバプールはスタンダードチャータード銀行、アーセナルはUAEのエミレーツ航空と契約している。

 3位も同額で、昨季リーグ戦2位のトットナムと同3位のマンチェスター・シティが並んだ。トットナムはアジアを中心展開する保険会社大手AIAと、シティはUAEのエティハド航空と契約し、年間3500万ポンド(約50億5000万円)を手にしている。

 2位は2015-16シーズンから日本の横浜ゴムと契約したチェルシーとなった。両者は5年契約を締結し、年間のスポンサー料は約4000万ポンド(約58億円)だという。

1位はマンUの68億円、最下位は2.2億円

 そして、1位はマンチェスター・ユナイテッドだ。アメリカの自動車メーカー、シボレーとの契約料は年間4700万ポンド(約68億円)とイングランドの中でも頭一つ抜けている。

 ランキングの最下位は、オンラインゲーム会社OPEスポーツと契約するハダースフィールド・タウンと、クレジットカード会社アメリカン・エキスプレスと契約するブライトンという昇格組の2クラブとなった。ともに年間スポンサー料は150万ポンド(2億2000万円)とされている。

 トップのユナイテッドと両クラブの差は31倍。放映権料の高騰で下位クラブにも十分な資金が行き渡るプレミアでも、各クラブのスポンサー料ではこれだけの大きな開きがあるのが実情のようだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images