スプツニ子!×ハニカムモード、細胞に着想を得たコラボコレクション発売

写真拡大

 そごう・西武のプライベートブランド「ハニカムモード(honeycomb mode)」が、現代アーティストのスプツニ子!とのコラボレートコレクションを8月18日に発売する。西武池袋本店、そごう横浜店、そごう千葉店、西武渋谷店で取り扱う。
 コラボレートコレクションでは「培養・増殖」をコンセプトに、世界初のヒト由来細胞株であるHeLa細胞にインスピレーションを得たニット(1万6,200円〜2万7,000円)やTシャツ(9,612円〜1万4,040円)、バッグ(5,292円/いずれも税別)など計7型をラインナップする。
 8月18日から9月3日までの期間、西武渋谷店ではスプツニ子!の世界観を表現した展覧会「bionic by sputniko!」を開催。「衣服もバイオ技術で作られる未来が訪れたとしたら?」という仮説をもとに、身体拡張としてのファッションの未来について考察したインスタレーションが公開される。