ケリングとアリババ、知的財産権保護および強制措置を共同実施へ

写真拡大

 グローバルラグジュアリーグループのケリング(Kering)とアリババ グループおよび系列会社であるアント フィナンシャルサービスが8月3日、知的財産権保護ならびに権利の侵害に対する共同措置の協力に合意したことを発表した。
 今回の契約は、より良い顧客体験の提供と信頼される環境作りを目指し、両社の知的財産権の保護や同権利の侵害に対して、オンラインおよびオフラインにおける共同強制措置を実施するもの。共同タスクフォースを設立し司法機関と協力を図りながら、アリババの最先端技術を用いて特定されたケリング傘下のブランドへの侵害に対して適切な措置を講じることを目指す。この契約の一環として、ケリングはアリババならびにアント フィナンシャルサービスが展開するアリペイに対するニューヨークの米国地方裁判所での提訴を取り下げることに合意。ケリンググループは引き続き、中国や全世界における未認可の素材の製造や流通、 販売を行う個人ならびに第三者機関に対し、ブランドの知的財産権を精力的に保護していく。