「自動運転に不可欠」トヨタ、日本のAIベンチャーに105億円出資。共同研究加速
AI(人工知能)技術を開発する日本のベンチャー Preferred Networks(以下PFN)は8月4日、第3者割当増資によりトヨタ自動車から約105億円を調達したと発表しました。モビリティ分野におけるAIの共同研究・開発を加速させるとしています。

PFNは、IoTにおける深層学習技術のビジネス活用を目的に2014年3月に設立。2015年10月にはトヨタ自動車との共同研究を開始し、2015年10月にはトヨタから10億円を調達しています。

これまでにPFNはトヨタと、物体認識や車両情報の解析技術などを共同研究。それを通じ、PFNが持つ機械学習・深層学習・ビッグデータ処理などの人工知能技術が「自動運転をはじめとした、次世代のモビリティ社会の実現を目指すトヨタにとって必要不可欠であると、高く評価された」とPFN側は説明します。

PFNは今回の資金調達により、計算環境の拡充や人材の確保を進める方針。また、モビリティ事業分野におけるトヨタとの関係強化や共同研究・開発をさらに加速させるとしています。

関連:
遊び尽くしたら、自動運転でストレスなく帰宅 -- 日産、新X-TRAILにプロパイロット搭載テスラModel 3、量産1号車が完成