女優の真木よう子が8月3日、“週刊誌による激写”について報告。その内容が、ネット上のファンの間で注目を集めている。

 これは同日、真木が自身の公式twitterに投稿したもので、この中で真木は、「うん、とても面白いぞ。たった今、恐らく週刊誌らしき車から、帰路につく写真を、撮られた。」と、自身が帰宅中に週刊誌のカメラマンから、その姿を激写されたことを報告。

 それを受けて、「この私が何処かにのるのかな??先に載ーせよっと!」と、大きな荷物を抱えて帰宅したばかりの完全なプライベートショットを披露。

 これを見たファンからは「あはは。真木さん面白いなぁ。お荷物一杯、重そうですね。お疲れ様です(*^^*)」「えっ、真木さん週刊誌に撮られたっ帰路まで撮るとは…」「パパラッチにケンカ売っとるwww真木ちゃんらしい。笑」「真木さんの方が上手ですねっ」「先手必勝」と、この“出される前に出す”という、なんとも真木らしい対応に、称賛声が集まることとなった。

 真木といえば、現在放送中のドラマ『セシルのもくろみ』(フジテレビ系列)での 奮闘ぶり がしばしば注目を集めているが、そうした中で今回の“斜め上”を行くマスコミへの対応、そのファンにとっては実に興味深い内容であったと言えそうだ。