東京神楽坂に新しくオープンしたライブハウス・神楽音にて立ち上げられた、音楽と本のイベント”Contexts(コンテクスツ)”。

“Context=文脈”をテーマにしており、長い音楽の歴史の流れの中で、ルーツを大事にしながら、未来へとつないでいくであろう、今この瞬間に素敵な音楽を鳴らしているアーティスト3組がピックアップされた。

また、当日会場にて”音楽家の本棚”と題したコーナーが設置され、出演者それぞれがお勧めする本を買うこともでき、音楽と本を一緒に楽しむことのできるイベントとなっている。

第1回目は、7月23日(日)に開催され、Predawn、ベランダ、Alfred Beach Sandalの3組が出演。早い段階でチケットがソールドアウトとなり、たくさんの人で賑わった。

そして、早くも9月23日(土)に第2回目が開催される。出演するのは、Keishi Tanaka、DENIMS、YOUR ROMANCEの3組。中でも、Keishi Tanakaは、自身でも絵本や詩集を発表しており、イベントのコンセプトに特にマッチしたブッキングとなっている。

3組の共演するステージはもちろん、本を通してアーティストのパーソナルな一面を垣間見ることができるのも、このイベントならではの楽しみの一つだ。

古き良きものと現代的なものが共存する神楽坂で、”文脈”をたどる楽しさを感じることのできるイベントを、会場へ足を運んで体感してみてはいかがだろうか。