「死んでこそ生きる男」イ・ソヨン、イ・ソヨン&チェ・ミンスと対面

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
イ・ソヨンがカン・イェウォンにチェ・ミンスを自分の父だと紹介した。

韓国で3日に放送されたMBC「死んでこそ生きる男」では、パド伯爵(チェ・ミンス) と二人のジヨンの三人で対面した姿が描かれた。

皮肉にもイ・ジヨンA(カン・イェウォン) はイ・ジヨンB(イ・ソヨン) を恩人と思っている状況だ。ジヨンBにキンパ(韓国風海苔巻き) を渡そうと事務室を訪れたジヨンAがちょうどパド伯爵といる彼女を見つけて困惑した。ジヨンBはパド伯爵を自分の父だと紹介した。ジヨンAには「なぜ申し訳ないですか?」と困惑したように笑った。

この姿を見守るアブダラ(チョ・テグァン) は複雑な表情だった。二人のジヨンのうち、誰が実の娘なのかを知っているためだ。

パド伯爵はジヨンAが脚本家であることを知っては、「あの女、調べてみろ。代筆の作家を雇った可能性が高い」と文句を言った。