大手事務所BRANDNEW MUSICの代表Rhymer、アン・ヒョンモと結婚「一生一緒にいたい」

写真拡大 (全2枚)

BRANDNEW MUSICの代表Rhymer(40、本名:キム・セファン) が、SBS記者出身タレントであるアン・ヒョンモ(36) との結婚を発表した。

Rhymerは本日(4日) 午後、自身のInstagramを通じて「一生一緒にいたい人に出会い、一つになろうと思います。足りない僕を大事にし、いつも力になってくれる、ありがたい人です。祝福してください。ありがとうございます」と書き込んで、結婚を発表した。

この日、BRANDNEW MUSICの関係者はマイデイリーに「Rhymerがアン・ヒョンモと9月30日、ソウルのあるホテルで結婚式を挙げる。交際して4ヶ月目であり、現在両家の顔合わせも行った状態だ」と伝えた。

歌手出身のRhymerはJoe&Rhymerとして活動したが、プロデューサーへ転向し、歌手ユ・スンジュン、グループN-FIVEなどのプロデュースを担当した。その後、BRANDNEW MUSICを設立しラッパーSan E、Verbal Jint、Jung Key、MCグリー(キム・ドンヒョン) などを発掘及びプロデュースした。

ソウル大学出身であるアン・ヒョンモは、SBSに入社し記者として活動したが、現在はフリーランサーで活動している。