ローランドと鼓童が共同開発した「電子担ぎ太鼓」

写真拡大

「鼓童」を知っているだろうか。和太鼓をバックボーンとしながらも、デビュー以来様々なジャンルのアーティストとコラボし、世界で活躍する太鼓芸能集団だ。しかし、鼓童がこの度コラボする相手は、なんとアーティストではない。電子楽器メーカーだ。

【写真を見る】「電子担ぎ太鼓」は一流の奏者の手によってどんな音を奏でるのか

鼓童と電子楽器メーカーのローランドは、新潟県佐渡市で行われる国際文化交流フェスティバル「アース・セレブレーション2017」内において、8月19日(土)に試作品の「電子担ぎ太鼓」を使用した特別パフォーマンス「電子と原始」を披露する。

ローランドは打楽器においてもドラムやカホンなどの電子化製品は有するが、和太鼓に関しては音色の忠実な再現や、奏法に対応する機構設計のむずかしさから未だ製品化に至っていなかった。だがこのたび、和太鼓の表現力をさらに高め、芸術的発展を目指す鼓童とローランド双方の理念が合致し、これまでに類のない本格的な「電子担ぎ太鼓」の試作機を完成させることができた。鼓童とは2016年から共同研究開発を行っており、今回がその成果のお披露目となる。まだ試作機段階ではあるが、打面の中央部、端部、さらに「フチ」と呼ばれる外周部の3箇所にセンサーを搭載し、担ぎ太鼓と同じ奏法や打感を実現した。

一流の奏者の手によってどんな音を奏でるのか。太鼓の新たな可能性に、一見の価値ありだ。【ウォーカープラス編集部/岩下大志】