3日に放送されたテレビ東京系『じっくり聞いタロウ〜スター近況(秘)報告〜』に歌手のソニンが出演し、自身が所属していたユニットEE JUMPの解散について話す場面があった。

番組内では、MCの河本準一が「解散したホンマの具体的な理由は何やったん?」と解散理由を質問。ソニンは「もう世間に出ている通りで」と、広く知られている解散理由を肯定した。

続けてソニンは「解散する前に実は、本当に忙しい中で彼が遊びたくってしょうがなくて、ライブの前日にホテルから外出してしまった所をたまたまマネージャーさんに見つかっちゃって」と、解散する前にも相方に関するトラブルがあったと明かした。

この事態を重く見た事務所は、相方に3ヶ月の謹慎処分を下したといい、それをソニンは「前夜にあったことは何も知らなくて、普通にホテルで寝てたんです。で朝起こされてマネージャーさんと社長さんも来て『ちょっといないから、1人でちょっと全部やってきてくれ』っていう」と話し、急遽ライブを1人でやることになり、相方のパートも全部歌うなど1人で乗り切ったのだと振り返った。

しかし3ヶ月後に謹慎期間を終えた相方がカムバックしたものの「彼が週刊誌に撮られてしまいまして」と語り、二度とチャンスは与えられないと事実上解散に至ったのだと明かした。

ソニンは過去の別番組でも当時のことを語っている。その時ソニンは、相方が人気アイドルの弟だと気づいた時、自分に劣等感を感じて自らを落ちこぼれだと考えるようになった、と話していた。