英語は世界共通語?

写真拡大

英語は、海外旅行をするにあたっては求められる言語でしょう。例え片言であったとしても最低限の意思疎通をするために英語は役立ちます。この英語の定義とは何でしょうか。イギリスで話されている英語とアメリカで話されている英語はまったく異なります。

英語の多様性

同じ英語であっても、その中に多様性が含まれているといえるでしょう。例えば東南アジアを旅行した時などに交わす片言の会話は、アメリカやイギリスでは通じないかもしれませんが、その場ではコミュニケーションが通じています。東京外国語大学がインターネットで公開している言語モジュールはそんな英語の幅広さを知ることができます。

アメリカとイギリスだけが英語ではない

東京外大の言語モジュールの英語の項目には、2017年の7月現在で、アメリカ英語、イギリス英語に加えて、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、シンガポール、アイルランドの合計7カ国のモジュールがあります。当然、それぞれの地域には英語のクセがあります。どの英語が正統で、どの英語が邪道というわけではありません。無料で利用できるので、オリジナルな英語を学習してみてはいかがでしょうか。英語のほかにも多彩な言語がフォローされていますので、海外旅行の前の予習にも最適なツールだといえるでしょう。