クビトバが快勝「自分のテニスをしようと努めている」 [バンク・オブ・ザ・ウェスト・クラシック]

写真拡大

 アメリカ・スタンフォードで開催されている「バンク・オブ・ザ・ウェスト・クラシック」(WTAプレミア/7月31日〜8月6日/賞金総額77万6000ドル/ハードコート)のシングルス2回戦で、2度優勝の経験があるペトラ・クビトバ(チェコ)が、カテリーナ・ボンダレンコ(ウクライナ)を6-2 6-2で下し、準々決勝に進出した。

 第2シードのクビトバは、次の試合で第8シードのキャサリン・ベリス(アメリカ)と対戦する。ベリスは、ベロニカ・セペデ ロイグ(パラグアイ)を7-6(3) 6-2で倒して勝ち上がった。

「すごくいいサービスが打てた。私はただ、自分のテニスをしようと努めていたの」とクビトバは60分で終わった試合を振り返った。「カテリーナは危険なプレーヤーよ。彼女は多くのボールに追いついてくる。集中し、ただアグレッシブにプレーしなければならないことはわかっていたわ」。

 第4シードのアナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)と第6シードのココ・バンダウェイ(アメリカ)も準々決勝に駒を進めた。パブリウチェンコワは、アリソン・リスク(アメリカ)に対する6-4 6-0の勝利を、2本のサービスエースで締めくくった。バンダウェイは、第1セットでの3度のサービスゲームでわずか3ポイントしか落とさずに、同胞のニコール・ギブズ(アメリカ)を6-0 6-2で退けた。(C)AP(テニスマガジン)

※写真は「バンク・オブ・ザ・ウェスト・クラシック」で準々決勝に進んだペトラ・クビトバ(チェコ)(写真◎Getty Images)
Photo: STANFORD, CA - AUGUST 03: Petra Kvitova of the Czech Republic reacts after winning a point against Kateryna Bondarenko of the Ukraine during Day 4 of the Bank of the West Classic at Stanford University Taube Family Tennis Stadium on August 3, 2017 in Stanford, California. (Photo by Ezra Shaw/Getty Images)