Photo by cinemacafe.net

写真拡大

先月、ニューヨークのマダム・タッソー蝋人形館でお披露目されたビヨンセの蝋人形に、「あまりにも似ていない」とのクレームが殺到。肌の色が本来のビヨンセよりも白く、髪の色も明るめで、「ビヨンセよりもマライア・キャリー、シャキーラ、リンジー・ローハンに似ている」と違うセレブと似ていることも指摘され、早々と撤去されてしまった。
蝋人形といえば、「本物そっくり」であることが不可欠なはずだが、ビヨンセのように時折なぜかまったく似ていないものが平然と披露されることがある。7月31日(現地時間)にボストンにオープンしたばかりのドリームランド蝋人形館では、トム・ブレイディの蝋人形がビヨンセ以上に似ていないと批判を受けている。スーパーモデルのジゼル・ブンチェンの夫でNFL界きってのイケメンとして名高いトム。しかし、蝋人形版のトムはじっくり見ても本人とかけ離れすぎており、イケメンの面影もない。

「NBC」のスポーツキャスターのラウル・マルティネスは、2015年、出場停止処分を巡って出廷した際に描かれた法廷画のトム、2016年に話題を集めた「フェイク・トム」のマスク、そして今回の蝋人形の3枚の写真とともに、「ディレクターのマークからの質問。どれが一番気味が悪いトムかな?」とツイートしている。

(Hiromi Kaku)

■関連記事:
ゾーイ・サルダナ、マダム・タッソー蝋人形館に仲間入り
ベッキー、“もう一人の自分”に大満足「本当にそっくりというか、私と同じです」
歴代のジェームズ・ボンド、ロンドンのマダム・タッソー館に登場!
羽生結弦、オン・オフの表情に注目!「マダム・タッソー東京」で写真展開催
ジャスティン・ビーバー、マダム・タッソー館から蝋人形が撤去される