TBS系『ハロー張りネズミ』番組公式サイトより

写真拡大

 瑛太主演ドラマ『ハロー張りネズミ』(TBS系)の第3話が先月28日に放送され、平均視聴率6.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。初回10.3%、前回7.6%と右肩下がりが続いてしまっています。

 前回、四俵蘭子(深田恭子)から育ての父・四俵乙吉(平田満)の25年前の死の真相を突き止めて欲しいと依頼された、あかつか探偵事務所の探偵・七瀬五郎(瑛太)。乙吉は当時、大規模な土地の転売に失敗しそうになり、サンダー貿易の副社長職を追われ、それを苦に自殺したとみなされていました。

 しかし最近、蘭子の元に、乙吉が殺される寸前のものと思しき生々しい音声が録音されたCDが送られてきたというのです。そのため蘭子は、乙吉は自殺したのではなく、25年前に社内で派閥争いを繰り広げていた、現・サンダー貿易会長の舞原(中原丈雄)に殺されたのではないかと主張します。

 そのCDに吹き込まれていたメッセージを頼りに、当時総会屋をしていた南謙次郎(リリー・フランキー)の元に辿り着いた五郎は、舞原と建設大臣・蛭田庄次郎(千本松喜兵衛)との癒着関係を証明する資料を手に入れます。

 そこから判明した25年前の真相は、こういったものでした。まず、アラブ系の企業が巨大レジャーランドの建設を計画していることを乙吉が聞きつけ、転売目的で予定地を購入。しかし、その情報は舞原が流したデマだったのです。途方に暮れる乙吉に代わって舞原は政府にネクストエネルギー施設(原作では原発)を売却したのですが、これは蛭田と結託して行われた乙吉の追い落とし作戦だったのです。

 また、五郎の同僚・小暮久作(森田剛)の調査により、蘭子にCDを送り付けてきたのが、乙吉の秘書を務めていた仲井隆(吹越満)だということが判明します。

 仲井の説明によれば、25年前の事件をきっかけに会社を辞め、何もかも忘れようと実家に戻ったとのこと。しかし、何の因果か、実家のすぐそばにはネクストエネルギー施設があり、6年前に爆発事故が起きたというのです。その爆発に巻き込まれ、妻子を失ってしまったことで復讐心を募らせ、乙吉の死の真相を調査してもらうために蘭子に匿名でCDを送ることにしたのだと打ち明けます。

 仲井の復讐を叶えるため、五郎は奮起します。しかし、乙吉を殺した実行犯が誰なのかはわからず。乙吉が自らの血で書き残した「ARABIAN」というダイイングメッセージだけが手がかり。ここから五郎は、アラブ系の企業の関係者なのではないかと推測するのですが、事態は急転直下。仲井がサンダー貿易に乗り込み、舞原を殺害してしまうのです。

 実は、「ARABIAN」というダイイングメッセージは、頭文字がNではなくMで、しかも逆から読まなければならない。つまり乙吉は「MAIBARA」と書いていたんですね。それを知った仲井は、そのことを五郎たちには告げず、ひとりで乙吉の仇を討ったのです。

 乙吉の死の真相を突き止めたことで調査は終了。蘭子はホステスの仕事を辞めて、あかつか探偵事務所の事務員として働くことになり、そこで第3話は終了となりました。

 さて、感想ですが、前回のレビューで、25年前の事件をなぜ今更になって調査するのか疑問だと書きました。蘭子にはCDが送られてきたという動機がありますが、その背景、つまり送り主の動機が前回は提示されていませんでした。

 それが今回、仲井の登場で明かされることになるのですが、かなり強引だと感じました。ネクストエネルギー施設の爆発に妻子が巻き込まれたため復讐を思いついたとのことですが、それが6年前のことで、その間は一体何をしていたのでしょうか? 最後は舞原に銃を突き付けてまで殺すほどに憎悪の念を抱いていたのに、CDを匿名で送り付けて調査は蘭子任せというのはちょっと無理がある気がしました。

 それに、仲井が舞原を殺して終わりというのは何とも味気なく感じました。原作では、舞原たちを殺すのは南なんですね。実は南は、建設大臣の妾の子供。芸者をしていた母の手で育てられ、貧しい生活で苦労したことから父親に憎しみを抱き殺したという経緯がありました。

 また、原作で南は蘭子の元カレでもあり、五郎との三角関係というちょっとした緊張感のある人間ドラマも描かれていました。そのことで必然的に蘭子のキャラクターも掘り下げられたのですが、ドラマの蘭子は、ただフェロモンを振りまいているだけのお飾りのようになってしまっています。特に五郎と深い仲になったわけでもないのに、ホステスから場末の探偵事務所の事務員に転職した動機もさっぱりです。

 個人的には3話分を使ってでも蘭子篇をしっかりと描いて欲しかったのですが……。次回はポルターガイスト現象に関する調査で、霊媒師役として蒼井優が登場するとのこと。今回のモヤモヤを吹き飛ばすような面白いエピソードとなることを期待したいと思います。
(文=大羽鴨乃)