Image: Max Rudberg


もはや、iPhoneと気づかないかも?

巷をあれこれと賑わす噂の「iPhone 8」ですが、さまざまな流出情報をみるに、大幅なデザイン変更はほぼ確実な模様。それでも、早く本体を見せてくれ!という方のために、デザイナーのMax Rudbergさんが制作した「iPhone 8の事前情報をあれこれ詰め込んだコンセプト画像」をどうぞ!


20170804ncon2.jpg
Image: Max Rudberg


どうですか、このデデーンと画面が上下いっぱいにまで広がったデザインは。本体上部の前面カメラやセンサーを囲うように広がるディスプレイは、Androidの父ことアンディ・ルービンがデザインした「Essential Phone」のようです。なお、この切り欠き風のディスプレイはスマートスピーカー「HomePod」のファームウェアから情報が流出しており、ほぼ確定的ではないでしょうか?

そして物理的なホームボタンは消え去り、バーチャルホームボタンがディスプレイ下部に表示されています。このバーチャルホームボタンについては、以前は指紋認証機能「Touch ID」の搭載が期待されていたのですが、どうやら最新情報によればディスプレイ上でTouch IDは利用できない模様。となると、Touch IDは電源ボタンに移動するのか、それとも3D顔認証を利用するのか…。実に気になります。


20170804ncon3.jpg
Image: Max Rudberg


さらに、前面カメラ周りの切り欠きは背景を黒にすることで、従来のiPhoneのような見た目にすることも可能です。「分割ステータスバー」についてもすでにHomePodのファームウェアから記述が見つかっており、あとはAppleがどうインターフェイスをデザインするかにかかっています。

というわけで、かなり攻めたデザインながらもこれまでの情報を汲み取って制作されたMax Rudbergさんによるコンセプト画像。皆さんはこのiPhone 8、欲しくなりましたか?


関連記事:
・iPhone 8に新UIや新機能を発見か。Touch IDはディスプレイ内蔵ではない…?

・これがiPhone 8の最新のカタチ。大型化した電源ボタンは何を意味しているんだ…?

・iPhone 8は顔で買い物が可能? 3D顔認証が「Apple Pay」に対応するコードがみつかる


Image: Max Rudberg
Source: Max Rudberg via 9to5Mac

(塚本直樹)