この持ち方には理由が…(画像は『Kensington Palace 2016年5月5日付Instagram「The Duchess of Cambridge visits the @nationalportraitgallery to view the #Vogue100: A Century of Style exhibition.」』のスクリーンショット)

写真拡大

大変ファッショナブルで、バッグや靴も素敵と言われる“女性達のお手本”キャサリン妃。外出時は小さいクラッチバッグを持つ姿をよく確認されているが、この持ち方には“意味”があるそうだ。

洋服や靴の色・デザインにあわせ、お気に入りのクラッチバッグを持って公務やイベントに出ることが多いキャサリン妃。バッグは両手で、または片手で持つようにしているが、実はこの持ち方には意外な意味・工夫があるようだ。

エチケットスクール『Beaumont Etiquette』の創設者(Myka Meierさん)は、キャサリン妃がクラッチバッグに両手を添えて体の前で持つ際について『Good Housekeeping』誌に「これは握手を避けたい時の持ち方です」と指摘した。訪問する多くの場所で無数の人に握手を求められる妃だが、確かに両手でバッグを持つ妃に対し「手を握らせてください」とは言いにくい。またバッグを脇に挟む、テーブルや地面に置くなどという行為はアウトで、クラッチバッグを持ってテーブルにつく際は背中と椅子の背もたれの間に置くという。

ところで英王室には、もうひとり常にバッグを愛用しているメンバーがいる。それはキャサリン妃の夫ウィリアム王子の祖母エリザベス女王だ。英王室の歴史研究家によると、女王は「そろそろ会話を切り上げたい」と相手に示唆すべく「バッグを会話の途中で別の手に持ちかえる」という。また女王がバッグをテーブルに置いたときは、「もう帰る時間です」とその場を離れる準備が整ったことを示唆しているそうだ。

お洒落の一部であるバッグにも、「言いにくいことをさり気なく表現する」という品の良い役割があったのだ。ちなみに一般人側としては、「王室メンバーから手を差し出されるまで握手を求めない」というのが望ましいエチケットなのだそう。いくつも細かい決まりがありそうだが、キャサリン妃はすっかりこの方法に馴染み、スマートにクラッチバッグを持ち歩いている。

画像は『Kensington Palace 2016年5月5日付Instagram「The Duchess of Cambridge visits the @nationalportraitgallery to view the #Vogue100: A Century of Style exhibition.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)