「数年前からウナギの代替品になるものを研究している」という、Twitterユーザーの堀川ランプ(@LHorikawa)さん。

ようやく『限りなくうな丼に近い』レシピができあがったそうです。「過去最高にウナギに近い」という材料は、なんと『鶏皮』

本当にウナギに近いうな丼ができるのでしょうか。早速作ってみることにしました。

鶏皮うな丼の作り方

【材料】

鶏皮 170g水 300ml和風ダシ 大さじ1しょうが 少々ウナギのタレ 適量山椒 少々(お好みで)刻みのり 少々

鶏皮だけを売っているスーパーは少ないかもしれません。今回は、鶏もも肉から皮だけをはがして使用します。

鶏もも肉1枚につき、皮は40gほどなので4枚分くらいあれば大丈夫です。

鶏皮を炊飯器で炊く

鶏皮、水、和風ダシ、しょうがを炊飯器に入れて、普通に炊飯します。炊飯器が空いてない場合は、圧力鍋でも代用できるそうですよ。

炊いている間、鶏肉としょうがのいい香りがしてたまりません!

炊けたら蒲焼きのタレとからめるだけ

炊けたら鶏皮を食べやすいサイズにカットし、フライパンへ。後は水分を飛ばしながら、鶏皮をウナギのタレとからめるだけ。

普通のフライパンを遣ったら焦げ付いてしまいました。テフロン加工されたフライパンを使用したほうがいいですね。

ご飯にのせ、山椒をたっぷりかけて完成!

ご飯にタレを少量ふりかけてから刻みのりを敷き、その上に鶏皮とたっぷりの山椒をふりかけたら、完成。

見た目も焦げたところがウナギの皮のようで、なかなかいい感じです。

実際に食べてみると、めちゃくちゃおいしい!そして、あることに気付きます。

「…あれ?ウナギだ」

鶏皮としてではなく、うな丼としておいしいのです。

調理している間、台所は鶏のおいしそうな匂いでいっぱいだったはずなのに、口の中にあるものはウナギになっていました。

鶏皮を炊いてできたダシはスープに

鶏皮を炊いた時にできたダシは小鍋に移し、そこにワカメと溶き卵をいれてスープにしてみました。

とてもいいダシがでていて、こちらもかなりおいしかったですよ。

山椒のピリッとしたからさと香りが、よりウナギ感を演出してくれます。

山椒なしでもしっかりウナギっぽさを感じられます。山椒が苦手な人でも大丈夫。

鶏皮がまさかここまでウナギになるとは、まったく思いもしませんでした。ウナギは食べたいけど高額で手が出しづらいな〜という人は、ぜひ試してみてください。

[文・構成/grape編集部]