カップヌードルで2度ウマい!?残り汁で茶碗蒸しを作ってみた

写真拡大

1971年に発売されて以来、多くの人たちに愛され続けている日清カップヌードル。誰もが1度は食べたことがあるであろう(?)カップラーメンの定番ですが、麺やスープを飲む以外にも楽しみ方があることをご存じですか?

カップヌードルの残り汁に卵を入れてレンチンしたら茶碗蒸し?

カップヌードル茶碗蒸しについて調べてみたところ、2011年11月29日に放送されたと思われるフジテレビ『めちゃ×2イケてるッ!』の“やべっち寿司”に出演した女優・吉高由里子さんが紹介したことで、一時話題になった様子。

吉高さんが紹介した作り方は、とても簡単でカップヌードルを普段通りにそのまま食べて、残ったスープに卵1個を割り入れて、混ぜ合わせる。そのスープを茶碗蒸し用の器に入れて、電子レンジで3分加熱したら完成というもの。

そんなカップヌードル茶碗蒸しは多くの人を魅了したのか、Twitter上には、今もなお作って食べている人たちがいます。最近では、新商品である「カップヌードル イカ墨ブラックシーフード ビッグ」で茶碗蒸しを作る人も現れるほど。

カップヌードル「カレー」、「チリトマト」で作ってみた

そこまでおいしいといわれるならば、筆者も食べてみたい。そこで、カップヌードルの「カレー」と「チリトマト」味の2種類で試してみることに。お湯を注ぎ3分待ち、具を残しつつ麺だけを先に食べる。そして、耐熱容器にスープを移し、卵を割り入れて混ぜ合わせたら、電子レンジ(500W)で3分加熱してできあがり!

※完成品はあまり見栄えがいいものではないので、カップヌードルのパッケージ画像をお楽しみください

卵がふわふわしているから期待が高まる! しかし、「チリトマト」味から食べてみたら……正直いまいち。食べれなくはないですが、おいしいといえるものではなく、オススメもできません。気を取り直して「カレー」味も食べてみましたが、こちらも微妙…。そもそも、茶碗蒸しのようなつるつるとした舌触りでもなく、味自体もスープをそのまま飲んだほうがおいしいです(筆者個人の感想)。

とはいえ、テレビで使用されたのは、カップヌードルのノーマル味。もしかしたら、ノーマル味で試してみると、絶品の茶碗蒸しを楽しめるのかもしれません…。

(文・山手チカコ/考務店)