ベラ・ソーン、ホームレスになりかけていた?ディズニー・チャンネル出演を批判されて反論

写真拡大

19歳のベラ・ソーンが、ディズニー・チャンネルに出演するべきではなかったと言われて反論した。

ベラは2010年から2013年までアメリカで放送されたディズニー・チャンネルのテレビシリーズ「シェキラ!」でブレイク。それ以前も芸能活動をしていた。

現在、露出の高いファッションや大胆な発言が注目されているベラ。そんなベラはあるツイッターのユーザーに「もし、あなたのプランがとげとげしくて、物議をかもすことなら、ディズニー・チャンネルでキャリアをスタートするべきではなかったんじゃない??」と言われ、現地時間3日に「あなたは正しいわ。お金がなくて、家族みんなと一緒に路頭に迷うことになるなら、オファーを断るべきだったよね」と反論した。

ベラは今年4月、「『シェキラ!』のオーディションに行きたくなかったの」「私は本当にオーディションで『歌わない。ダンスしない。基本的に音痴。おもしろくもない。だから、なぜ私がここにいるのか分からないです』って言ったのよ。みんな笑い始めたわ。みんなジョークだと思ったのよ」「もし私がその役をもらっていなかったら、私たちはみんなストリートで暮らすところだったわ」と話し、シングルマザーの母が4人の子供を育てていたと明かしていた。