【詳細】他の写真はこちら

通話がメインならこれで十分です。

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は、ワイモバイルブランド向けの新型ストレート携帯『Simply(シンプリー)』を発表しました。発売日は2017年8月10日、すでに予約受け付けは開始されています。製造メーカーはセイコーソリューションズ。本体カラーはレッド、ホワイト、ダークブルーの3バリエーションから選べます。

VoLTEやHD Voiceが使えるイマドキな音声通話端末



「The 電話」をコンセプトに開発されたというだけあり、電話やメールといった必要最低限の機能に絞り込んだシンプル設計の『Simply』。機能が多すぎて操作方法に迷うなんてことはないでしょう。サイズが約W50×H132×D13.8mmで重量約115gと、細身で持ちやすそうな軽量コンパクトボディも特徴的です。

いわゆるフィーチャーフォンながらFDD-LTE通信に対応することで、下り最大112.5Mbps/上り最大37.5Mbpsでの通信が行えます。とはいえLTE対応の恩恵は、この端末の場合データ通信よりも音声通話で「VoLTE」が使えることかな。また、3G回線でも「HD Voice」でよりクリアな通話が可能とのこと。



ディスプレイは約2.4インチのクォーターVGA(320×240ドット)液晶。本体背面のカメラ画素数は200万画素。容量32GBまでの対応にはなりますが、microSDHCカードスロットも搭載していますし、昔ながらの赤外線機能によるデータのやりとりも可能です。このクラスのフィーチャーフォン端末としては大容量となる1770mAhバッテリーにより、FDD-LTE網利用時で約500時間とかなり長時間の待ち受けができるのは嬉しいですね。



文/塚本直樹

関連サイト



プレスリリース

『Simply』製品情報ページ