サカナクションの山口一郎がTOKYO FMのレギュラー番組に出演。オカルトではない、音楽業界の怖い話を教えてくれました。

(TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK! サカナLOCKS!」8月3日放送分)



山口:今夜は夏ということで、音楽業界の怖〜い話をお届けしていきます……。ちなみに、幽霊とか心霊とかが怖い生徒(リスナー)……今日は全然大丈夫です。そういうジャンルの怖い話ではないです。でもある意味でもっと怖〜いお話なんです(笑)。

皆さんも、怖い瞬間、ヒヤッとした瞬間、ありますよね。例えば彼女にメールしているつもりが、全然違う友達に送っちゃっていて、2人だけの呼び方でメールしちゃった……みたいな。わー! やっちゃった! もう取り返しがつかない……みたいなこともあるわけです。それに類したことが、音楽業界にはいろいろあるんです。それでは早速音楽業界にあった怖い話を紹介していきましょう。

【それは、とても暑い夏の夜のことでした。彼はとあるミュージシャンの公式Twitterの更新を担当していました。いつものように今後の番組出演情報をつぶやこうとしていたその時……ひとつ前のつぶやきにこんな言葉を見つけてしまったんです。「グラビアアイドル ハプニング」……プライベートな画像検索をしていたつもりが、なんと、公式アカウントでそのままつぶやいてしまっていたのでした】

山口:これは怖い……。公式Twitterのいわゆる“誤爆”ってやつですね。たまにありますよ。ミュージシャンの公式アカウントって、だいたい、レコード会社か事務所のスタッフがつぶやいているんですよ。だからたまにやらかすんですよね。これをやっちゃった際には、すぐミュージシャンから電話がかかってきますからね。「もしもし? なんか公式Twitterにヤバイ画像が上がっちゃってるんだけど、これどういうこと? 誰? 担当、誰?」って。「すません! すぐ調べます!」っていうこと……ありますからね。これをやっちゃった人は大変な思いをするわけですよ。しかもその画像がグラビアアイドルだった場合、バンドが清楚なイメージだったりすると大変ですよ。音楽業界の方々、気をつけてくださいね。

【あるラジオディレクターの話。いつものように生放送の選曲をしていたディレクター。彼はとある洋楽のミュージシャンの新曲を放送でオンエアしました。……しかし、その曲はオンエア解禁前の新曲でした……。勝手にマライア・キャリーの新曲が世界初解禁されてしまいました……】

山口:いわゆる、“解禁破り”という怖い話ですね。曲によっては、『新曲を何日の何時からオンエアできます』っていう決まりがあるんです。これは固いお約束なんですね。なぜかというと、今、音楽は世界で繋がっています。何日の何時からしかかけちゃいけませんっていうルールが決められているのに関わらず、それを破るということは……信用をなくすということになるし、海外のミュージシャンの新曲を日本で世界初解禁してしまったとなると、謝るまでに何人もの人を通って謝らないといけないわけですからね……。しかも、マライア・キャリーですからね。これはやらかしましたね。

サカナクションも、例えば、『「多分、風。」を、サカナLOCKS! で初オンエア! その日の24時に一斉解禁!!』……ということがあるんですね。まず、サカナLOCKS! で初めてオンエアしてから他のところでかけてくださいよ、サカナLOCKS! が先なんですからね!って言っているにもかかわらず、他のところで先にかけちゃったとするとね……「多分、キレる。」(笑)。

なぜそんなミスをしてしまうかというと、ラジオ局にはその曲の解禁前にCDのサンプル盤が配られているんですよ。そしてそこに、「◯月◯日◯◯時から解禁」っていう文字が書かれていたりするんですけど、意外とA4の紙資料に小さい文字で書かれていたりするんですよ。そんな大事なことが! それに気がつかないと、「マライア・キャリー勝手に世界初解禁」みたいな事故が起こるわけです。これはね……ラジオディレクターならいつも怯えている怖〜い話……世界初解禁を勝手にしちゃったらやば〜いお話なんです……。これはいたる所である。これから音楽業界に勤めて、発売前の曲を取り扱うことになる方たち、プロモーターの方たちとかね。気をつけてくださいよ!

【とあるレコード会社のプロモーターの話。紅白に出場したこともある大物歌手を、仙台のラジオ番組のゲストとしてブッキング。しかし、ラジオ局についてスタジオに入った時、彼は世にも恐ろしい言葉を聞いてしまったんです……「あれ? ゲスト、明日ですよね?」……なんと、彼は1日スケジュールを間違えて、仙台に大物歌手を連れてきてしまったのでした……】

山口:ちなみにこれ、ビクターのプロモーターの話ですね。ふだんは東京にお住まいの大物歌手を仙台に連れてきたわけですよ……新幹線に乗ってね。で、着いたらラジオが今日じゃないっていうことが分かったっていうことは……怖い話です。その夜、どんな接待が行われたのか(笑)。その大物歌手は、一泊して翌日ちゃんとゲストとしてその番組に出演したそうです。でも、この経験をしたことがあるミュージシャンは結構いると思いますよね。ラジオ局側のミスとかで準備ができていないとか、担当者がいないとか……何度かありましたからね。

他にもたくさんあるので、まとめてお伝えしていきましょう。音楽業界怖い話ダイジェスト!

【MC中、対バン相手の大先輩ミュージシャンの名前が出てこなかった!】

【紅白歌合戦の本番中、返しのイヤモニの音にノイズが混ざって歌いづらかった!】

【特典映像の音声がずれていて、スタッフが謝ることになったが、ずっと甘がみだった!】

【とあるフェスのバックヤードで、とある武闘派ミュージシャンに「お前、なめてんのかよ!」と急にキレられた!】

【歌詞を書いていて、一夏ずっと外に出ないまま夏が終わった!】


山口:ちなみに、これは全部サカナクションのエピソードです。うわー怖い……。MC中、対バン相手の先輩ミュージシャンの名前が出てこなくて、来ているファンの人に教えてもらうっていうね……終わったらすぐ土下座しに行きました。

紅白の時にイヤモニ(イヤフォン式のモニター)に大道具さんの「それどけろ!」っていう怒鳴り声が本番中に聞こえるっていう……(笑)。これも怖かったね。それで歌詞を間違えたっていう。

あと、特典映像の音声がずれたっていう問題があって、ビクターの人が謝りに来たんですよ。そしたら、最後に「申し訳ありありま、ありませんでした」って(笑)。笑いになったっていうね。

あとね、フェスでミュージシャンの方にいきなりキレられたっていうのも怖かったですね。それと、歌詞を書いていて、夏服をいっぱい買ったのに1回も着なかったっていうね……。これは「新宝島」の時ですね。こういうことがいっぱいあるわけですね。怖いですねー。



----------------------------------------------------

【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】 http://radiko.jp/share/?sid=FMT&t=20170803220000

聴取期限 2017年8月11日 AM 4:59 まで

スマートフォンでは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ http://www.tfm.co.jp/timefree_pr/

※放送エリア外の方は、プレミアム会員に登録の上ご利用ください。

----------------------------------------------------



<番組概要>

番組名:SCHOOL OF LOCK!

放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット

放送日時:

月〜木曜 22:00〜23:55

金曜 22:00〜22:55

番組Webサイト ⇒ http://www.tfm.co.jp/lock/

<今後の予定>

8/7(月) あいみょんが生出演

8/8(火) 未確認フェスティバル2017 http://www.tfm.co.jp/lock/mikakunin/index.htmlファイナリスト決定スペシャル

8/8(火) Mrs. GREEN APPLEが生出演

8/9(水) UNISON SQUARE GARDENが生出演

8/9(水) DAOKO×米津玄師の新曲「打上花火」初フルコーラスオンエア

8/10(木) Creepy Nuts(R-指定&DJ松永)が生出演