iOS 11、カメラに撮影シーン認識機能を搭載か。HomePodのファームから「SmartCam」記述見つかる
Appleが開発者向けに公開したスマートスピーカーHomePodのファームウェアからは、次期iPhoneまたはiOS 11に深く関連すると思われる情報が続々と発掘されています。今回新たに見つかったのはカメラ機能に関するもの。iOS 11もしくは次期iPhoneには「SmartCam」なるシーン認識機能が追加されている模様です。

iOS開発者のGuilherme Rambo氏がツイートしたのは、SmartCamと称する機能で、そのコード中にはfireworks、pets、skies、snow、sports、QRなどといった様々なシーンを表す単語が見つかります。
 
 
SmartCamの"Smart"はおそらくAIによる機械学習効果を利用していることを指し、撮影時に画像全体の風景から最適なカメラ設定を自動的に適用することが考えられます。そうなれば、iPhoneが備える標準カメラアプリが格段に使いやすくするかもしれません。

ただ記事執筆時点では、SmartCam機能が次期iPhoneでのみ利用可能なのか、iPhone 7 Plusを始めとする既存のモデルでも使えるのかはわかっていません。とはいえSmartCamはソフトウェアで実現する追加機能なので、願わくば旧モデルでも使えるようにはしてほしいところです。

ちなみにHomePodのファームウェアからは次期iPhoneが搭載するとみられる3D顔認識機能も見つかっています。これは通常のカメラ画像と赤外線などの情報を組み合わせてユーザーの顔の形状を読み取る技術。Touch ID用のフレームワークであるBiometricKitの中にはすでにPearl IDという名称が見つかっています。

[Image : Getty Images]