※平尾勇気オフィシャルブログより

写真拡大

7月21日に亡くなった歌手・作曲家の平尾昌晃さんの次男で歌手・タレントの平尾勇気が4日、父の死後初めてブログを更新。父の葬儀を滞りなく終えたことを報告し、今後の決意をつづった。

「ご報告」というタイトルでブログを始めた平尾は「皆様のお陰で、父、平尾昌晃の通夜、告別式(親族葬)を滞りなく行えた事をご報告申し上げます」とまずは報告。続けて「父、平尾昌晃を支えてくださったファンの方々、そして業界関係者の方々に重ねて心より感謝申し上げます」と感謝を述べた。

続けて「私、平尾勇気は父の遺志を継ぎ音楽活動、チャリティー活動を引き継いで行きます まだまだ未熟な僕ですが宜しくお願いします」と今後への決意をつづり、満面の笑顔で撮った親子ツーショット写真を公開した。

平尾昌晃さんは1937年生まれの歌手・作曲家。1958年にシングル『リトルダールン』でデビューし、その後作曲家として歌手の五木ひろしやアグネス・チャンのヒット曲を手がけた。1974年に『平尾昌晃音楽学校(現・平尾昌晃ミュージックスクール)』を設立し、2002年からは『ラブ&ハーモニー基金』を設立し福祉活動にも精力的であった。『NHK紅白歌合戦』の最後を飾る「蛍の光」の指揮者としても知られている。