ブルックリン・ベッカム、家族の写真を撮るのが大好き

写真拡大

元サッカー選手のデヴィッド・ベッカムとファッションデザイナーのヴィクトリア・ベッカムの息子で18歳のブルックリンが、家族について語った。

フォトブック「What I See」を発売したブルックリンは、間もなくニューヨークでアートと写真を勉強するために学校をスタートする予定。今後写真に集中していくとのことだ。

弟2人と妹1人も含め、家族みんなが有名なブルックリン。そんな彼はゴシップ誌「ピープル」に「家族のことを撮るのは大好きだよ。もちろん、被写体をよく知っているから、もっと親密な写真になるね。家族みんなの写真を撮るのは大好きだけど、ハーパーはすごく可愛いよ。それから頭を剃っているから弟のロメオ。クルーズはただ生意気だけど、彼の写真を撮るのもいつもたのしいね」と語った。

また、ブルックリンは長男として弟と妹を守る気持ちが強いとのこと。「今はロメオに良い友達の選び方を教えているんだ。彼らが必要な時はいつでも助けるよ」と明かしている。

これまで家族の写真をインスタグラムに公開してきたブルックリン。今後もたくさんアップすることが期待できそうだ。