結婚指輪は、左の薬指にはめるのが一般的ですよね。このように女子のアクセサリーには定位置があります。例えば恋愛や仕事など願いごとがあるときには、小指にピンキーリングなど、指輪を付ける位置を楽しんでいますよね。実はアクセサリーを付ける位置によって開運できるのです。
ということで今回は、開運できるアクセサリーの位置についてご紹介します。

みるみる開運できるアクセサリーの位置とは?

右手→パワーを出す

右手は、自分から周囲に向けてエネルギーを放つ力があります。自ら行動を起こしたり何かを始めるときには、右手首にブレスレットをするとベストです。特に攻めたいときには、太めのブレスレットをするとおすすめです。

人差し指……積極性を高める人差し指なので、仕事で勝利や成功をつかみたいときにおすすめです。

中指……心臓に対応する場所で自信と冷静さを授ける中指なので、人前に立つときや緊張してしまうとき、重要な交渉のときにリングを。

薬指……彼氏ができると右の薬指に指輪をする女子が多いですね。実は恋愛系は関係なく、ここはお金をつかみとる指なのでゴールドの指輪をするとお金の引き寄せにつながります。

小指……生殖器に対応する小指なので貞操帯の役目になります。冷静になって恋や仕事をより頑張りたい人におすすめです。

左手→パワーを吸収する

左手は、周囲のエネルギーを敏感に察知して吸収する働きをします。そのため、恋愛や人間関係など人と心を通わせたいときには左手にブレスレットをつけましょう。チェーンなど繊細なものがおすすめです。

人差し指……胃腸に対応して体のコンディションを整える人差し指。集中力を高めたいときには、ここにリングをすると◎です。体調を崩しやすい私は、常にここにK18リングをしています。

中指……人の気持ちを理解する力を高めてくれる中指は、恋愛成就や対人トラブルの防止にピッタリです。シルバーのリングがおすすめです。

薬指……既婚者はここに結婚指輪をはめますよね。ここは神経に対応するため、既婚者以外でも気持ちを穏やかにさせたいときは、白や水色の石の付いたリングをするのが良いでしょう。

小指……人間関係がうまくいかなかったり、ネガティブになっているときはピンキーリングをすることでプロテクションになれます。プラスのパワーを吸収したいときにもおすすめです。

なお両親指は頭部を意味し、ストレスを感じがちになるため、親指へのリングは避けた方が無難です。

まとめ

いかがでしたか? 普段何気なくしているアクセサリーですが、今日からはなりたい自分に合わせて、アクセサリーの位置を調節してみましょう。手元のアクセサリーは開運を目指せるオシャレでもあったのです。