坂上忍

写真拡大

4日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、坂上忍が、不倫騒動に対する斉藤由貴の釈明が「絶妙」だったと感心した。

番組では、斉藤の不倫騒動を取り上げた。3日、斉藤は50代男性医師との不倫疑惑釈明のため、記者会見を開いた。斉藤は、医師と指を絡ませ合う「恋人つなぎ」をしたことについては「実はあんまり記憶がなくて」とするも、相手男性に「好意がある」ことは認めていた。

斉藤の会見について、坂上は「ある意味、うまいなと思った」と褒めたのだ。坂上は、斉藤が相手男性に対して好意があったと認めている部分には「それって結構スレスレなところで、やっぱり正直感を感じる」と評する。一方で、斉藤は肝心の「恋人つなぎ」のことなどは「記憶がない」と発言するなど、坂上は「この配分たるや、なんと絶妙なんだろう」と絶賛したのだ。

コメンテーターの東国原英夫氏も「最近は女優さんも『記憶がない』って言葉を使う」と政治家がよく使うフレーズだと皮肉り、スタジオの笑いを誘っていた。

【関連記事】
坂上忍 麻生太郎財務相のマスコミを巡る発言に「イラッと来てる」
橋本健市議の行動に呆れる声続出 小木博明は「浅はかすぎる」と批判
高橋真麻が中川俊直衆院議員に嫌悪感「やったことは気持ち悪い」