キング・パワースタジアムで新しいユニホームに袖を通したイヘアナチョ。この個人技に優れたFWがフィットすると岡崎は…。 ※写真はレスターの公式ツイッターより

写真拡大

 現地時間8月4日、レスターはマンチェスター・シティからナイジェリア代表FWのケレチ・イヘアナチョを獲得したことを公式サイトで発表した。契約は2022年6月30日までの5年間。移籍金は非公表だが、地元紙『レスター・マーキュリー』は2500万ポンド(約36億2500万円)だと報じている。
 
 現在20歳のイヘアナチョが台頭したのは、2013年にUAEで開催されたU-17ワールドカップ。この大会で6ゴールをマークして大会MPVに輝き、母国ナイジェリアの3大会ぶり4度目の世界制覇に貢献したのだ。
 
 これで一気に欧州クラブの注目の的となったイヘアナチョは、2014年2月にマンチェスター・Cと契約。当初はU-18チームでプレーしていたものの、2015-16シーズンのワトフォード戦(プレミアリーグ4節)でトップチーム・デビューを飾った。
 
 順調にキャリアアップを図っていた早熟のストライカーだったが、昨シーズンはセルヒオ・アグエロやガブリエウ・ジェズス、レロイ・ザネらとの熾烈な競争に敗れて、徐々に出場機会を失っていき、今夏は新天地への移籍を模索していた。
 
 レスターへの移籍についてイヘアナチョは公式サイトで、「良い気分だよ」とコメントし、さらに次のように力強い意気込みを語っている。
 
「僕はチームの野心を理解している。監督と話をしてチームに貢献するために何が必要かを教えてくれた。監督からチームのことを知ることができて良かった。このチームにフィットできる自信が湧いてきたし、多くのことを達成できたらと思っているよ」
 
 昨シーズンはエースのジェイミー・ヴァーディー以外に計算の立つFWがおらず、得点力不足が指摘されていたレスター。それだけに変幻自在のドリブルや高度なシュートスキルを持ち合わせるイヘアナチョは、まさに理想的な新戦力と言えるだろう。
 
 このナイジェリア代表FWの加入で窮地に追い込まれそうなのが、岡崎慎司だ。その献身的な前線からの守備は現地でも称賛を浴びた日本代表FWだが、昨シーズンはプレミアリーグで30試合に出場しながらわずか3ゴールに終わっていた。
 
 また、指揮官のクレイグ・シェイクスピアは、イヘアナチョを「とても才能のある選手だ。そして、若く、飢えていて、戦う準備ができている。彼がどのくらいのクオリティーをチームにもたらすかは十分に分かっているよ」と絶賛している。
 
 これを受けて、さっそくレスター・マーキュリー紙は、「シェイクスピアは20歳のナイジェリア人FWをヴァーディーの完璧な相棒と捉えている」と岡崎のスタメン落ちを予想している。
 
 イヘアナチョと岡崎のレギュラー争いに注目が集まる。

【2017年欧州夏のメルカート】新天地を求めた主な選手まとめ