米政府、ベネズエラ新制憲議会は違法として承認せず=国務省

写真拡大

[ワシントン 3日 ロイター] - 米国務省は3日、 ベネズエラの新しい制憲議会について、成立の過程に不備があり違法だとして、承認しない方針を示した。

国務省のヘザー・ナウアート報道官は、ベネズエラの制憲議会選には公示の仕方から投票方法に至るまでさまざまな問題があったと指摘。選挙はマドゥロ大統領の独裁による民主主義への弾圧を一段と強める目的で行われたものであり、「米国は新制憲議会を承認しない」と述べた。