お悩み別・似合う服の選び方!体型コンプレックスがチャームポイントに

写真拡大

薄着のシーズン到来。開放的な気分になれますが、体型のコンプレックスが強調されがちなので、悩みが深まる女性も少なくないでしょう。

でも、自分が気にしているだけで、人…特に男性は見ていないことも多いみたいですよ。
体型を隠すファッションより、むしろ出すところ、隠すところを意識したほうがいい感じに見えるかも。

親しくしているスタイリストさんに、コンプレックスを活かす方法を教わったのでご紹介しますね。

◆コンプレックス1:胸が大きい


胸が大きいことを気にしている女性は結構いるのですが、やりがちなのがサイズの小さいブラをつけて胸をつぶしてしまうこと。あと、チュニックのようなトップスで隠すことです。
チュニックは便利なアイテムだけれど、胸の一番高いところのシルエットのまま、ズドーンとお腹まで隠すので、胸の大きい人は太って見えます。

【アドバイス】


柔らかめの素材のトップスを選んで、胸元はすっきりあけましょう。胸の大きな人のチャームポイントはなんといってもデコルテ!隠すのはもったいないですよ。
Vネック、Uネックなどベーシックなトップスを試して、自分に一番合うものを選びましょう。

◆コンプレックス2:お腹ポッコリ


お腹ポッコリの人もチュニックを選びがちですよね。シルエットをごまかせるのですが、むしろ太って見えます。
チュニック+デニムはオバさんコーデと言う男性も…。楽で便利なアイテムだけれど、少し見直したほうがいいでしょう。

【アドバイス】


長めのトップスでお腹を必要以上に隠すのはやめましょう。体のラインに沿った、丈もそれほど長くない柔らかめの素材のトップス+丈が長めのカーディガンなどを合わせるのがベター。
多少、体のラインを拾う素材のほうが、メリハリが出るのでおすすめです。

◆コンプレックス3:お尻が大きい


こちらの方も、チュニック+デニムのコーディネートから卒業しましょう。コンプレックスを隠すマルチアイテムではありますが、埴輪みたいなシルエットになってしまい、女性らしさが出なくて、残念!
お尻が大きい女性が好きな男性もいるので、あまり隠しすぎないようにしてください。

【アドバイス】


スカートを活用しましょう。ただ、ロングスカートではないほうがベター。タイトスカートはお尻が大きい人に似合うし、フレアスカートもかわいく決まります。試着を重ねてベストなものを選んでください。

◆コンプレックス4:足が太い


ロングスカートで隠しがちですが、できれば足首を強調してください。ストラップのついた靴を選んで足首をマークするのもおすすめです。

【アドバイス】


ロングスカートでもマキシ丈ではなく、ふくらはぎの中間くらいのものをチョイスして、靴とのバランスを調整するといいでしょう。

◆コンプレックス5:背中のハミ肉


背中に嫌な感じの凹凸ができるってブルーだし、オバさんっぽい印象を与えてしまいそうで悩んじゃいますよね。
小さめの下着を選んでいることもあるし、トップスが体のラインを拾いすぎ、サイズが合っていないなどのケースも考えられるので、チェックしてみてください。

【アドバイス】


まずは体に合った下着をつけること。下着もキチンと試着しましょう。あとはトップスの下にキャミソールを1枚着るのもおすすめ。これで体のラインが出すぎるのを若干軽減できます。

◆コンプレックスを魅力に!


スタイリストさんいわく「コンプレックスは、洋服でどうにでもなります」とのこと。そのためには、自分に似合う服を知ることが大切です。

普段、試着しないで買っている人は、できるだけ試着するのがおすすめ。また、リーズナブルなファストファッション系のお店で、自分に似合いそうな服をどんどん着てみるのもいいそうです。
数をこなすと自分に似合うものがわかってきますよ。

コンプレックスを隠すのではなく、それを自分のチャームポイントにするという考え方、ステキですよね。
自分を魅力的に見せる服を知っている女性は、異性にも同性にもモテるはず!

ライタープロフィール


天野りり子
ライター/編集者
大学在学中からライター&編集稼業をスタート。女性誌ではビューティ&ヘルス企画、男性誌では恋愛記事を多数執筆、書籍編集も手がける。
趣味は読書とタロット占い、そして恋バナを収集すること。