画像

写真拡大 (全7枚)

 Criteoは、2017年度デジタルマーケティングレポートを発表。リスティング広告とリターゲティング広告に対し費用対効果を実感していると半数以上が回答し、クロスデバイス対応を行っている人の7割がネット広告の効果が向上したと答えた。

 Criteoは7月31日、2017年度デジタルマーケティングレポートを発表した。同レポートは、企業のネット広告業務の担当者および、管理、事業開発、総務、営業、情報システム、販売管理・マーケティング、広告・宣伝部門者、計570名以上を調査対象者とし、オンライン広告運用の実態を明らかにするとともに、昨今のデバイス事情を踏まえながら、デバイス間の動きを正しく測定することの重要性を伝え、今後のマーケティングに役立てることを目的としたものだ。

●最も広告費が投下されているのはリスティング

 オンライン広告について、種類別の広告費の比率を見てみると、リスティング広告が約14%と最も多く、次いで、純広告、リターゲティング広告、ソーシャルメディア広告が僅差で続いた。

●リスティング広告とリターゲティング広告に対し特に費用対効果の高さを実感

 オンライン広告の費用対効果(ROI)について広告の種類別に調査したところ、「リスティング広告」については全体の56.7%が「高い・やや高い」と回答。「リターゲティング広告」についても全体の53.0%が「高い・やや高い」と感じており、純広告やソーシャルメディア広告を大きく上回っている。

●オンライン広告に期待していることは?

 オンライン広告におけるマーケティング目標については、従来の広告の役割である「ブランド認知度の向上」を挙げるひとが7割以上となった。続いて、クリック率またはコンバージョン率の向上が57.1%、広告費の無駄や非効率性の削減が54.0%と、いずれも5割を超えており、この3つが他を大きく引き離す結果となった。

●クロスデバイスでの購入プロセスが加速

 デバイス単位の測定では、実際には同じユーザーが別のデバイスを使って訪問している場合でも、1回の訪問で購入したと誤認されることがある。今回Criteoは、デバイス単位ではなくクロスデバイス活用を加味したユーザー単位の効果測定を適用するとどうなるかを調査。その結果、購入プロセスはデバイス単位での測定結果よりも41%多くなることがわかった。
出典:Criteoのデータセット(2016年第4四半期)、米国、全カテゴリー、アプリを除く

●クロスデバイス対応で効果の上昇、約7割が実感

 クロスデバイスでのユーザー行動の可視化に取り組んでいるマーケティング担当者に質問したところ、約7割が直近2年間でオンライン広告の効果が上昇したと答えており、可視化できていないとしたマーケティング担当者よりも高い効果を実感していることがわかった。

 また、クロスデバイスでのユーザー行動データを可視化できていない理由の上位には、「複雑すぎる」「実施のための必要条件が揃っていない」「簡単に実施できるマーケティングテクノロジーを使用していない」などが挙げられていた。

MarkeZine編集部[著]