「9月22衆院解散・10月22日総選挙」説が自民党内で急浮上しているという。テレビ朝日の与党キャップの中丸徹によると、10月22日に衆議院の愛媛3区と青森4区の補欠選挙があるが、「ここで連敗すると、安倍おろしが加速しかねません。そのため、補欠選挙にかぶせてやってしまおうという声が出ています」

解散は来年秋といっていた公明党の山口那津男代表も、「常在戦場の心構えで臨もう」と言い出している。

いくら「仕事人内閣」を強調しても安倍内閣の支持率は上がりそうもないが、それ以上に民進党のゴタゴタは深刻だし、都議選で圧勝した都民ファーストの会も国政選挙の準備は間にはまない。安倍政権にとって、いまがもっとも負けが少ないというわけなのだ。

しかし、総選挙で自民党が大幅に議席を減らすのは必至で、安倍首相を待っているのは総辞職だ。