流経大柏が日大藤沢を下しインターハイV達成【写真:編集部】

写真拡大

インターハイ決勝、日大藤沢に1-0で完封勝ち、9年前は市立船橋と両校V

 全国高校総体(インターハイ)は4日、男子サッカー決勝で流通経大柏(千葉)が日大藤沢(神奈川)に1-0で下し、9年ぶり2度目の優勝を決めた。

 前半は優位に押しながら決め手を欠き、0-0で折り返した。後半も決定機を作りながら、決めきれなかったが、終了間際の後半31分、MF芹田悠真(2年)がゴール前の混戦から右足で押し込み、先制。残りの時間をディフェンス陣がしのぎ、そのまま逃げ切った。

 流通経大の優勝は9年ぶり。当時の08年は市立船橋との両校優勝だったため、単独Vは初となった。