マツダが初代「ロードスター」レストアサービス

写真拡大

マツダは8月4日、初代「ロードスター」(NA型)を対象としたレストアサービスを開始すると発表した。

このレストアサービスは、永く大切にマツダ車を乗り続けてもらう環境作りを目的とした、レストア事業とパーツ再供給の二つからなるサービス。

レストア事業は、ユーザーの「ロードスター」をマツダが預かり、オリジナルに近い状態にクルマをリフレッシュするもので、2017年内に受付を開始し、2018年初頭よりサービスを始める予定だ。メーカーであるマツダが直接面談し、個々のクルマの状態や要望に合わせたサービスを実施する。

また、パーツ再供給は、現在供給終了となっている初代「ロードスター」の一部パーツを復刻するもので、2018年初頭より販売を開始。パーツはオリジナル状態にこだわり、初代「ロードスター」発表当時を彷彿させるビニール生地のソフトトップやデザインを再現し、乗り味にこだわったブリヂストン製タイヤSF325(185/60R14)、NARDI製ウッドステアリング/シフトノブを現在の技術で復刻する。そのほかの部品供給についても、ユーザーとの対話を通じて今後取り組んでいくという。

初代「ロードスター」レストアサービスの詳細については、公式サイト(http://www.mazda.co.jp/carlife/restore/)を参照。